ネットショップ・ECの無在庫販売を始めるには?仕入れ方法やメリットを徹底解説

無在庫販売をはじめるには

無在庫販売ってなに?有在庫販売との違い

無在庫販売ってなに?有在庫販売との違い
ネットショップには、大きく分けて「有在庫販売」と「無在庫販売」の2種類があります。
有在庫販売とは、文字通り、あらかじめ在庫をもった状態で販売するビジネスモデルです。物販において一般的な販売方法となっています。
対して無在庫販売とは、在庫を持たない状態で出品し、お客様からの注文が入ってから実際の仕入れをするビジネスモデルです。 無在庫販売は、自社に在庫を持つ必要がないので、仕入れ費用だけでなく倉庫スペースや管理費の心配がありません。また、注文が入るまで大きな費用はかからないので、それほど資金力のないネットショップでも多くの商品を出品することができます。

無在庫販売の特徴

商品のお届け方法によって、無在庫販売は大きく3種類あります。

1.自社出荷

注文が入ってから商品を自社へ仕入れ、自社からお客様への出荷を行う方法。
出荷の手間はかかりますが、自社で検品ができたり、出荷の際にメッセージを同梱できたりとお客様との信頼関係が築きやすいと言われています。

2.ドロップシッピング

注文が入ったら、仕入れ先のメーカーや問屋からお客様へ商品を直送してもらう方法。
自社を経由しないので、出荷や検品などの手間は省けますが、不良品や配送遅延などのクレームが起きる場合もあります。

3.受注生産

注文が入ってから、商品の生産を開始する方法。
製作や納品までに時間がかかりますが、オリジナル商品ができたり、他社との差別化が測りやすい方法です。

有在庫販売の特徴

有在庫販売では、何が売れそうか予想を立てて、事前に商品の仕入れを行います。

販売の手順は、商品の仕入れ → お客様からの注文が入る → 商品の発送、となります。

仕入れにまとまった資金が必要ですが、自社に在庫があるので、注文が入ったらすぐに出荷を行うことができます。自社のイメージにあった商品ラインナップを揃えられる、在庫管理がしやすい、お客様とのコミュニケーションが取りやすいことなどが特徴です。

無在庫販売と有在庫販売、どちらを選ぶか

無在庫販売と有在庫販売、どちらを選ぶか
仕入れや発送のタイミングが異なる無在庫販売と有在庫販売ですが、結局どちらが良いのでしょうか?
有在庫販売は、一般的な物販ビジネスモデルなのでイメージしやすいかと思いますが、無在庫販売についてはまだよく知らない人も多いかと思います。

ここでは、無在庫販売と有在庫販売のメリットとデメリットを解説していきます。自分のネットショップにあった販売方法を検討してみてはいかがでしょう。

無在庫販売のメリットとデメリット

無在庫販売のメリットは、仕入れのリスクがないことです。
通常、仕入れや保管には費用がかかりますが、無在庫販売を利用すれば、資金力の少ないショップでも数多くの商品を出品することができます。

デメリットは、無在庫販売に対応しているメーカーや問屋が限られるので、商品ラインナップが他社とにかよってしまい、ネットショップのブランディングがしにくい点です。
また、中間手数料が高い、検品がメーカー任せになる、異なる仕入れ先の在庫状況を常に把握する手間がかかるなどの点も注意が必要です。

有在庫販売のメリットとデメリット

有在庫販売のメリットは、ネットショップの個性を打ち出しやすいことでしょう。他のショップにはない商品を揃えたり、迅速な発送や、注文に付随するサービスなども打ち出しやすい点があげられます。
また、大量に仕入れる場合は無在庫販売よりも安く仕入れられます。

デメリットは、仕入れに資金とリスクが伴うことです。売れると思って仕入れた商品が売れ残ってしまったり、保管中に生じた不良品は自社で引き取りになったりする場合があります。

無在庫販売、商品の仕入れ方法

無在庫販売、商品の仕入れ方法
無在庫販売の仕入れ方法には、大きく分けて2つの選択肢があります。「ドロップシッピングサイトからの仕入れ」と「オリジナル商品の製作」です。

ドロップシッピングサイトでは、ドロップシッピングに対応しているメーカーや問屋を見つけることができます。通常の卸売りである程度まとまった数量が必要な場合がありますが、少量の都度注文に対応している業者もあります。 オリジナル商品の製作では、製作業者に直接依頼をして、既存の商品にはないオリジナリティのある商品を仕入れることができます。

仕入れ先選び、リスクを避けるための2つのポイント

仕入れ先を選ぶ時には、できるだけ販売者のリスクが低くなるようなメーカーや問屋を選ぶことがポイントです。

在庫が安定している

せっかく注文を受けても、仕入れ先に商品在庫がなければネットショップの収益につながりません。
また、出品している商品の在庫状況をいつも把握しているのは、手間のかかること。安定的に在庫を確保している仕入れ先を選べば、ネットショップ側の商品管理の手間を最小限に抑えることができます。

発送が迅速

無在庫販売では注文後に仕入れを行うので、お客様が商品を受け取るまでに時間がかかります。
オンラインショッピングは顔の見えない取引なので、商品がなかなか届かないとお客様は不安を感じてしまいます。発送が迅速な仕入れ先を選べば、お客様の待ち時間を短縮できます。

成功するための運用のコツとは?

成功するための運用のコツとは?
無在庫販売がうまくいくためのコツは、商品をひたすら販売し、コツコツと収益を積み重ねていくことです。
収益の積み重ね方としては、仕入れ値を安く抑える、業務フローの効率化、他店との差別化など色々な方法があります。

どうすれば、無在庫販売がうまくいくのか?ここではそれらのコツを紹介していきます。

物販ビジネスの基本、できるだけ仕入れ値を安く

無在庫販売かどうかに関わらず、物販ビジネスでは仕入れ値を安く抑えることで、利益率が上がります。 複数の仕入れ先を比較検討したり、リピート購入などの割引を活用したりと、仕入れ値が安くなる仕入れ先や方法をリサーチしましょう。

ひたすら商品を売り、経験を重ねる

お客様への商品お届けに時間のかかる無在庫販売では、少しでも無駄な時間をかけないよう、業務フローの効率化が欠かせません。
効率をあげるためには、実際に商品を売って経験を重ねることです。経験を積むことで、どのような販売フローが一番効率的なのか、だんだんとわかるようになります。

ライバルと違う商品で差をつける

無在庫販売は、対応しているメーカーや問屋が限られているので、他のショップと商品が似通ってしまうことがあります。 他との差をつけるには、需要はあるけれどもライバルの少ない商品を見つけることが大切です。他とは違う商品ラインナップにすることで、値下げ競争を避けられます。

無在庫販売について、知っておきたい注意点

無在庫販売について、知っておきたい注意点
無在庫販売を運用する際には、守らなければいけないルールや注意点があります。
どんなルールや注意点があるのか、事前にしっかりと把握をして、スムーズなショップ運用を心がけましょう。

強化されつつある無在庫販売の規制

無在庫販売では、注文を受けた後に仕入れができなかったり、発送の遅れが発生するとお客様に迷惑がかかってしまいます。 そのため、出店しているプラットフォームの中には、無在庫販売による出品を禁止していたり、厳しい規制がある場合があります。

無在庫販売で注文を受けた後に、取引のキャンセルが続いたりすると、アカウントに利用制限がかかったり、最悪の場合はアカウント停止となる場合があります。 どんなルールや規制があるのか、無在庫販売を始める前に自分が出店しているオンラインモールをよく確認するようにしましょう。

個人情報の取り扱いには細心の注意を

無在庫販売に限ったことではありませんが、個人情報の取り扱いには細心の注意を払う必要があります。 個人情報保護法などの法律を守ることはもちろん、個人情報を何らかの理由で第三者に開示する必要がある場合は、必ずお客様に同意を得るようにしましょう。 また、注文情報などを管理する際も、セキュリティ対策を万全にしておきましょう。

トラブル発生時には迅速・丁寧・誠実に対応

予定通りに仕入れや発送が進めば問題ないのですが、時には予想外のトラブルが起きることがあります。
配送トラブルや、不良品、あると思っていた仕入れ先の在庫がなかったなど……このような問題が起きた場合は、迅速に誠実な対応をすることで、お客様からの印象が大きく変わります。
ネットショップはお互いの顔の見えない取引です。お客様からの信用を失わないように、問題が起きた時は特に、迅速、丁寧、誠実に対応するようにしましょう。

リスク管理さえすれば、すぐに始められる無在庫販売

リスク管理さえすれば、すぐに始められる無在庫販売
無在庫販売は、仕入れに大きな初期投資をせずに始められる販売方法です。
有在庫販売とは違った運用のコツやリスクがありますが、それらを事前にしっかりと理解すれば、初心者でも取り組みやすい販売方法です。

商品数が少なくて困っている開業間もないネットショップなどは、限られた予算でもより多くの商品が出品できる無在庫販売は強い味方になるでしょう。
しっかりとリスク管理をしながら、ショップ運営を始めてみましょう。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【解説】ネットショップのブランド名の決め方

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】アクセス解析とは

  3. Instagramのハッシュタグで増えている「丁寧な暮らし」ってどんな暮らし?

  4. どう違うのか?ネットショップとフリマアプリの違いを解説

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】来店客とは

  6. 【WEB広告】Google Adsとは?Hagakure構造を活用した効果的な検索広告の利用について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. Shopifyのストアの解約方法!

    Shopifyのストアの解約方法!解約の手順を分かりやすくご紹介!

  2. 越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

    越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

  3. 越境ECを始めるならShopify(ショッピファイ)がおすすめ!

    越境ECを始めるなら海外販売に強いShopify(ショッピファイ)がおすす…

  4. Shopifyのショップドメインについて徹底解説!

    Shopifyのショップドメインについて解説!独自ドメインへの変更方法…

  5. 決済サービス「Shopify payment」

    決済サービス「Shopify payment」とは?手数料や導入方法を解説