Amazonのスポンサーブランド動画広告とは?活用ポイントをご紹介!

Amazonのスポンサーブランド動画広告とは?活用ポイントをご紹介!
Amazonが提供する広告サービスに「Amazonスポンサーブランド動画広告」があります。 上手に活用すれば自社ブランドや商品の魅力を最大限伝えられる広告ですが、
「どんな内容の動画を作れば効果が大きくなるかがわからない」
「動画作成のノウハウもないから自社では利用できないと思う」
「気にはなっているけどメリットなど詳しいことを知らない」
といったオーナーさんもいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、Amazonのスポンサーブランド動画広告のメリットや活用方法について解説していきます。最後まで読んで是非参考にしてみてください。

Amazonのスポンサーブランド動画広告とは

スポンサーブランド動画広告とは、Amazonに動画広告を掲載できる広告サービスです。Amazonにブランド登録しているブランドオーナーであれば、どなたでも利用できます。

スポンサーブランド動画広告は、Amazonの検索結果ページされるため多数のユーザーの目に触れやすいのが特徴です。表示サイズも一般の商品と比べて大きく、また静止画ばかりの中で動きのある動画は非常に目立ちます。検索結果に表示され、目立つ広告は集客の面において高い効果が期待できます。

スポンサーブランド動画広告のメリット

スポンサーブランド動画広告のメリット
スポンサーブランド動画広告には、画像やテキストの広告にはないメリットがあります。 たとえば、スポンサーブランド動画を元に販売チャネルの拡大ができるのはメリットのひとつではないでしょうか。一度動画を作成してしまえば、YouTubeなどの動画プラットフォームにも流用することが可能なため、消費者へのプロモーションの機会を増やせます。

そのほかにも以下のようなメリットが挙げられます。
  • ・商品の魅力を伝えやすい
  • ・購入までの導線もスムーズ

商品の魅力を伝えやすい

スポンサーブランド動画広告は商品の魅力を伝えやすいコンテンツです。
従来の画像やテキストといった広告はどうしても情報が制限されてしまい、一定以上の情報を伝えることができませんでした。一方、映像がメインとなる動画コマースでは商品形状や実際の利用シーンなど多くの情報を発信することが可能です。情報を受け取ったユーザーは利用場面などを具体的にイメージしやすく共感も得やすくなるため、商品の魅了も伝わりやすくなるでしょう。また商品の魅力が伝わりやすいことはユーザーの購買意欲も高め、商品の購入やお気に入り登録などコンバージョンにつながりやすさにも直結します。

購入までの導線もスムーズ

スポンサーブランド動画広告では、ユーザー側の購入までの導線もスムーズです。
スポンサーブランド動画広告はAmazonの検索結果ページに表示されますが、クリックが行われると商品ページもしくはAmazonストアページに直接遷移されるようになっています。動画広告がAmazonに埋め込まれている形なので、ユーザーが動画を閲覧後にECサイトを訪問しなければ購入できないというステップを省略できるのが特徴です。

動画を見て購入したいと感じたユーザーのサイト間の移動がなくすぐに購入できる仕組みは、サイト移動を手間に感じるユーザーの離脱を防ぐだけでなく、購入までのスピードも速めることが期待できます。

スポンサーブランド動画広告を活用するときのポイント

スポンサーブランド動画広告を活用するときのポイント
スポンサー動画広告を活用し成果を最大化するために、以下の5つのポイントを押さえておきましょう。
  • ・動画の最初にユーザーの興味を引く要素を入れる
  • ・動画の長さは15秒〜30秒で作成
  • ・音がなくても内容が分かるような動画
  • ・繰り返し流れても違和感が内容な作り
  • ・PCやスマホなどどの媒体でも見やすく
動画広告では興味ないと感じたらすぐに離脱されてしまうため動画の最初にユーザーの興味を引く要素を入れるのが重要です。視聴者に最初の2〜3秒で「なんか気になる」「これ欲しいかも」と思ってもらい、まずは動画を観てもらうことが第一段階となります。同時に映像が長すぎると飽きられてしまうため動画の長さは15秒〜30秒がおすすめです。

そのほか無音でも内容が分かるような作りにしておくことや、繰り返しながれても違和感がないようシンプルな動画にしておくのも大事なポイントです。

まとめ

Amazonのスポンサーブランド動画広告のメリットや活用のポイントについてご紹介してきました。ユーザーに多くの情報を届けられるスポンサーブランド動画広告は、集客力向上のためにもぜひ活用したい手法です。コンテンツの効果を最大化するためにはポイントを意識して、動画の内容はもちろん長さやシナリオにもこだわっていきましょう。導入にあたり、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。
The following two tabs change content below.

編集者O

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. WordPressで導入するべきおすすめのプラグイン

  2. Amazon(アマゾン)での長期休暇を取る前に必要なペナルティ対策

  3. スマホでもできる商品写真の撮り方と知っていると便利なスマホカメラ機能!

  4. 初心者向け!販売商品をスマホできれいに撮影するコツ

  5. コンテンツマーケティングとは?コンテンツSEOとの違いも解説

    コンテンツマーケティングとは?コンテンツSEOとの違いも解説

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ランサーズ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. 【Amazon】必見!Amazon出店のよくある悩みを詳しく解説

  2. ECサイトとは?

    ECサイトとは?ネットショップと違いはあるのかを紹介します!

  3. 【ECサイト 連携編】ShopifyとWordPressを連携させて効率アップ

    【ECサイト 連携編】ShopifyとWordPressを連携させて効率アップ

  4. FBAとは?ご利用料金や注意点をまとめてご紹介!

    FBA(フルフィルメント by Amazon)とは?ご利用料金や注意点をまと…

  5. Amazonのスポンサーブランド動画広告とは?活用ポイントをご紹介!

    Amazonのスポンサーブランド動画広告とは?活用ポイントをご紹介!