越境ECを始めるなら海外販売に強いShopify(ショッピファイ)がおすすめ!

越境ECを始めるならShopify(ショッピファイ)がおすすめ!
国内では人口減少・高齢化が進むため、海外市場に活路を見出そうとしている方はいませんか。例えば、アメリカや中国などの大きな市場にビジネスチャンスを感じている方は少なくないでしょう。
海外へ進出するためのおすすめの方法は越境ECです。しかし、越境ECを構築するには、言語・通貨・配送などの様々な問題を解決する必要があります。そこで、Shopify(ショッピファイ)を利用して、そのような問題を簡単に解決しましょう。

本記事では、Shopifyが海外販売に強い5つの理由を紹介します。

越境ECにShopify(ショッピファイ)が強い理由とは?

Shopifyが越境ECに強い理由は、そもそも海外で開発されたサービスのためですShopifyはカナダの企業により開発され、現在では世界175カ国で利用されています。これほど多くの国で利用されるようになったのも、越境ECに向いているプラットフォームのためです。
具体的に、Shopifyが海外販売に強い理由は以下の5つです。
  • ・多言語での対応が可能
  • ・他通貨での対応が可能
  • ・送料設定が国ごとに可能
  • ・豊富な決済方法で対応可能
  • ・大手の海外モールに対応
それぞれの理由について詳しく解説します。

多言語での対応が可能

越境ECを構築するときに、まず思いつく問題は言語ではないでしょうか。商品ページやブログなどのコンテンツを現地の言語に直す必要があるためです。Google翻訳などの翻訳機能が充実してきたとはいえ、母国語ではないECサイトで商品を購入しようという方は少ないでしょう。 例えば、国内でもドイツ語や韓国語のECサイトで購入しようという方は少数のはずです。つまりは、越境ECを構築する際には、現地の言葉に書き換えることがとても大切です。

Shopifyであれば50言語に対応しています。このことが多くの地域で利用される1つの理由です。またアプリをインストールすることで、商品ページ、コレクション、ブログのコンテンツを一括翻訳できるアプリもあります。ほかに自動で表示切替をするアプリなど、翻訳機能に優れたアプリが多数あるのも、Shopifyが海外販売に強い理由です。

多通貨での対応が可能

Shopifyでは130カ国以上の通貨に対応しています。さらには、外部の決済サービスを利用することでビットコインなどの暗号通貨にも対応できます。このような幅広い通貨に対応できることは、越境ECを構築するうえで大切なポイントです。越境ECでありがちな現地の通貨で表示されない問題を解決できるためです。
例えば、日本国内においてもドル表示で販売されている商品ページを見かけることもあるでしょう。そのような場合は、購入する際に為替相場を確認して大まかな値段を把握しなければなりません。為替相場を確認するのも面倒ですし、計算するのも面倒です。このような手間を嫌がって、購入をあきらめてしまう方もいるでしょう。

Shopifyであればアプリをインストールすることで、現地の通貨に自動でレート変換する機能を追加できます。通貨を原因とする販売機会の損失を防ぐのに役立ちます。

送料設定が国ごとに対応可能

Shopifyであれば海外への送料設定を国や地域ごとに設定できます。例えば、国内向け送料と韓国・アメリカ向けの送料を別々に設定するといった具合です。これらの送料の設定は、標準に搭載されている機能で実現できます。しかし、海外へ発送する際には、海外への配送ラベルの印刷やインボイスの作成、関税の計算に不安がある方もいるでしょう。
そのような問題もShopifyを利用することで解消できます。

アプリをインストールすることで、配送ラベルやインボイスを簡単に作成できたり、関税を自動で計算したりできるためです。また、送料を自動で最新の状態に保ってくれるアプリもありますので、手間・管理をかけずに適切な料金設定をユーザーに提供できます。

豊富な決済方法で対応可能

Shopifyは利用できる決済サービスが100以上と、豊富な決済方法に対応できます。Shopifyの主な決済サービスはShopifyペイメント・Amazon Pay・PayPalです。Shopifyペイメントは、主要なクレジットカード4種類とShop Pay・Google Pay・Apple Payを利用できます。
つまり、Shopifyペイメント・Amazon Pay・PayPalを利用することで、ほとんどの国に対応できます。

しかし、地域によって人気のある決済サービスが違うこともあるでしょう。例えば、QRコード決済やコンビニ決済といった具合です。Shopifyは外部サービスの決済方法にも幅広く対応しているため、現地に合わせた決済サービスに追加することも可能です。

大手の海外ECモールに対応

ShopifyはAmazonやeBay、中国のTmallなど、大手の海外ECモールに対応しています。このため、Shopifyを利用することで、海外ECモールの知名度・販売力を生かしたマーケティングが可能になります。
例えば、中国の市場は全世界の5割を占めています。その中国で主要なECプラットフォームがTmallです。中国では日本商品の人気が根強いため、Tmallに出品することで大きなビジネスチャンスをつかめる可能性があるでしょう。

このようにShopifyは、販売チャネルを簡単に追加できるのが越境ECに強い理由です。さらに、FacebookやInstagramといったSNSの販売チャネルの追加もできるので、簡単にマルチチャネルを実現できるのも魅力です。

まとめ

まとめ
越境ECを始めたい方は、迷わずShopifyを利用しましょう。Shopifyには、海外販売に必要な機能やアプリが豊富にそろっているためです。とくに言語や通貨などの対応は、ユーザーの利便性にもかかわる重要なポイントです。また、これらの機能を活用することで手間が省けて、集客やカスタマーサポートに注力できるメリットもあります。

越境ECにとどまらず、複数の国に対応したクロスボーダーECを目指すためにも、ぜひShopifyの利用を検討してみてください。
The following two tabs change content below.

編集者O

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】CPOとは

  2. Yahoo!ショッピング定期セールとは?購買率を上げるクーポン活用法

    Yahoo!ショッピング定期セールとは?購買率を上げるクーポン活用法

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】アフィリエイト広告

  4. ネットショップ開業時に事業用メールアドレスを取得しよう!独自ドメインでの取得方法を解説

    ネットショップ開業時に事業用メールアドレスを取得しよう!独自ドメインでの取得方法を解説

  5. 楽天市場で売り上げアップのきほん ~ RMSを活用してアクセスUp!part.2 ~

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】あす楽とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。