ネットショップ開業(ECサイト開業)における始め方と成功の法則

ネットショップ開業したいけれど、どのようにすれば良いのかわからない方はいませんか。そのような方のために、ECサイト開業の始め方と成功の法則を紹介します。本記事を参考にして、自分の思い通りのネットショップを構築して開業を目指しましょう。 「ハンドメイド作品をネットショップで販売したい」「実店舗だけではなく、ネットショップでも拡販したい」などと思いませんか。

しかし、ネットショップを開業したいと思っていても、どのように始めれば良いのかわからない方や、失敗したらどうしようと二の足を踏んでいる方もいるでしょう。 そこで、ネットショップの始め方や成功の法則を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

ネットショップ(ECサイト)の運営は個人でもできる時代になってきている

ネットショップ(ECサイト)の運営は個人でもできる時代になってきている
今日、ネットショップは個人でもできる時代となりました。 その主な理由は、BASEやSTORESのように、無料で使えるレンタルショッピングカートが登場したためです。 これらのレンタルショッピングカートは、月額の利用料は無料で、受注の度に利用料が発生する仕組みです。そのため、ネットショップを運営する際のランニングコストが抑えられるため、赤字になるリスクは低くなりました。

これが、個人でもネットショップを手軽に運営できるきっかけとなり、いまやBASEを利用して、160万ショップがオープンしています。 また、以前では凝ったデザインのネットショップを構築すると、多額のデザイン料や高度なスキルが必要でした。しかしBASEでは、ブログのようにテンプレートを選んでいくだけです。それだけで、プロのようなデザインが簡単に構築できるのも人気の理由です。 将来モールの出店を目指している方が、ネットショップを運営する知識や経験を積む手段としても、このようなシステムが活用されています。

実店舗とネットショップ(ECサイト)の違いと比較

実店舗とネットショップ(ECサイト)の違いと比較
ネットショップを成功させるためには、実店舗とネットショップの違いを理解する必要があります。 その理由は、実店舗で成功しているマーケティング手法が、ネットショップで成功するとは限らないためです。 例えば、実店舗であれば競合店舗の数は限られていることでしょう。しかし、ネットショップはそういうわけにはいきません。全国にある同じジャンルのサイトや、同じ商品を取り扱うネットショップと競い合うことになります。その数は10や20程度では済みません。場合によっては、100サイト以上が競合となることもあり得ます。

そのような多数ある競合サイトの中に埋もれてしまうと、顧客が自分のネットショップまでたどりつけません。どんなに良い商品を取り扱っていても、全然売れない状態が続くショップも多々あります。 ネットショップで成功するためには、実店舗との違いを理解してネットショップ向けのマーケティングができるかです。 ここからは、実店舗とネットショップの違いについて説明します。

実際の店舗での開業から販売までの流れ

実店舗の開業から販売までの流れを紹介します。

1.店舗のコンセプトを決定する はじめに店舗のコンセプトを決定します。コンセプトを決めることで、方向性がブレなくなります。

2.出店場所を決定する 出店場所は実店舗の成功に大きく左右します。ランニングコストやアクセスの良さ、ターゲットが来店しやすいかなど念入りにチェックします。

3.仕入れ先を決定する 安定して売り上げを確保するためには、コンセプトにマッチした商材を扱う仕入れ先の確保が重要です。

4.資金調達をする 実店舗を運営するためには、仕入れ費用から店舗の賃貸料、スタッフの人件費、広告費など多くの費用が必要です。そのため、事業が軌道に乗るまでの資金を調達する必要があります。十分な資金が準備できないと、途中で撤退せざるを得ないことにもなります。

5.販売する商品を陳列する 店舗、資金、商品が準備できると、あとは商品を陳列していきます。実店舗は商品を陳列できるスペースに限りがあるため、売れ筋の商品を目立たせるような陳列方法が有効です。この段階までくると、開店できる状態でしょう。

6.お客様が来店する 開店すると、お客様が来店し始めます。たまたま、道の前を通ったお客様もいるでしょうし、口コミを聞きつけて来店される方もいます。

7.商品を手にとる 実店舗の良いところは、お客様が商品を手にとれることです。しかも、店員が直接コミュニケーションを図ることで、商品の良さをアピールできます。そのため、商品に対する認識のズレが発生しにくいのも実店舗の特徴です。

8.支払いを済ませる お客様がレジで支払いを済ませて、販売が完了します。

ネットショップ(ECサイト)での開業から販売までの流れ

次に、ネットショップの開業から販売までの流れを紹介します。

1.店舗のコンセプトを決定する 実店舗同様にコンセプトを設定することで、方向性がブレなくなります。

2.出店場所を決定する インターネット上のどこにネットショップを公開するかを決定します。例えばモールに出店するのか、独自ドメインを取得するのかなどです。

3.仕入れ先を決定する 実店舗同様に安定して売り上げを確保するためには、コンセプトにマッチした商材を扱う仕入れ先の確保が重要です。注意するべきことは、実店舗の売れ筋とネットショップでの売れ筋が同じになるとは限らないことです。

4.商品ページを作成する コンセプト、サイト、商品の準備が整うと、いよいよ商品ページを作成します。ネットショップでは、お客様が手にとって商品を吟味できません。そのため、商品の良さが伝わる画像や説明文で訴求しましょう。

5.集客する ネット広告などを活用してECサイトへ集客をします。

6.商品を購入してもらう 商品ページに訪れたお客様が商品をカートに入れて、購入手続きを完了させます。

7.商品を配送する ネットショップは実店舗と異なり、購入手続きが完了してから商品を発送する作業があります。発送作業が終了し、お客様に商品が届いて販売が完了となります。

ネットショップで商品が売れてからお客様に届けるまでの流れ

ネットショップではお客様が商品を購入してから、商品の発送作業があります。 商品がお客様に届くまでの流れは以下となります。

1.注文内容を確認する 注文内容に不備がないかを確認します。

2.支払方法・入金を確認する 注文内容の支払方法を確認します。支払方法によっては、入金の確認が必要です。

3.梱包作業をする 商品を配送できるように梱包します。配送時に商品が破損を防ぐために、エアークッションや段ボール、ガムテープなどが必要となります。

4.商品を発送する 梱包した商品を購入者のもとへ発送します。無事、商品がお客様の手元に届くと配送完了となります。

実店舗とネットショップ(ECサイト)のメリット・デメリット

実店舗とネットショップのメリット・デメリットの違いを、以下の表にまとめました。
実店舗 ネットショップ
メリット ・価格競争に巻き込まれにくい ・お客様が商品を手にとれる ・お客様とコミュニケーションがとれる ・24時間稼働できるため、時間や場所に左右されない ・アクセス解析などのデータを活用できる ・初期費用・ランニングコストを安く抑えられる
デメリット ・店舗を運営するための経費が多い ・遠方の方は来店しにくい ・新規の顧客を獲得しにくい ・集客のためのコストが必要 ・購入者が商品を触れない ・送料が必要 ・価格競争に巻き込まれやすい
実店舗とネットショップでは、このような違いがあります。

ネットショップ(ECサイト)構築サービスの種類と一覧

ネットショップ構築サービスは主に4種類で、一覧は以下の通りです。
構築サービスの種類 代表例
パッケージソフト ホームページ・ビルダー
レンタルショッピングカート MakeShop カラーミーショップ STORES BASE
モール 楽天市場Yahoo!ショッピングAmazon
専用システム構築 コマース21ecbeingEC-CUBE
効率的にネットショップを開業するためには、これらの構築サービスのいずれかを利用します。 それぞれ費用やメリット・デメリットに違いがありますので、以下より詳しく紹介します。

パッケージソフト

パッケージソフトは、ECサイト構築に必要な機能が詰め込まれているソフトのことです。 パッケージソフトを利用することで、ネットショップも構築できます。 HTMLやCSSの知識がなくても、自分の好きなようなデザインにできることがメリットです。しかし、パッケージソフトは高額なため、他に比べて費用が高くなりやすいです。また、高度なカスタマイズをするためには、知識やスキルが必要となることもあります。

パッケージソフトの代表例は以下となります。 ・ホームページ・ビルダー

レンタルショッピングカート(ASP)

ネットショップを開業するためには、ショッピングカートのシステムは必要不可欠です。そのショッピングカートを、安価な価格で利用できるのがレンタルショッピングカートです。 レンタルショッピングカートには、ショッピングカートのシステムのみの場合とサイト全体を構築できる2種類があります。 レンタルショッピングカートのデメリットとしては、売り上げが増えるほど手数料が増えやすいことです。

レンタルショッピングカートの代表例は以下となります。
  • ・MakeShop
  • ・カラーミーショップ
  • ・STORES
  • ・BASE

モール(ネットショップ出店ASP)

次に紹介するのは、モールへのネットショップ出店についてです。 ネットショップの開業は、必ず独自ドメインを使用してサイトを構築する必要がありません。モールへの出店も1つの選択肢です。 また、自社ECサイトを運営していて、モールにも出店しているネットショップは多くあります。その理由は、モールの集客力に魅力があるからです。楽天やAmazonといった知名度の高いモールに出店するだけで、集客力を利用できるのがメリットとなります。 一方デメリットは、モール出店費用やシステム利用料など自社ECサイトと比べると費用が高くなりやすいことです。

モールの代表例は以下となります。
  • ・楽天
  • ・Amazon
  • ・Yahoo!ショッピング

専用システム構築

専用システム構築を利用して、ネットショップを開業する方法もあります。 専用システム構築であれば、自社の作りたいようにゼロからネットショップを構築できるのがメリットです。他のサイトにはない独自のサービスやデザイン性、機能の追加など自社が求める機能を自由に設計できます。コンセプトに沿った設計をすることで、他にはないオンリーワンのネットショップが構築できるでしょう。 しかし、それらを実現するためには機能の開発費用や高度なスキル、相応の開発期間などが必要となります。 専用システム構築の代表例としては以下となります。
  • ・コマース21
  • ・ecbeing
  • ・EC-CUBE
さらには、システムをゼロから構築するフルスクラッチと呼ばれる方法もあります。 フルスクラッチは多額の開発費用が必要なため、この方法を選択できるのは資金力が豊富な一部の企業に限られます。

ネットショップ開業で成功するためには

ネットショップ開業で成功するためには
ネットショップを開業しようとされている方は、まず、どの構築サービスを利用するかを検討しましょう。 ネットショップを運営した経験が浅いのであれば、BASEやSTORESのようなレンタルショッピングカートの利用がおすすめです。 BASEやSTORESでは、月額費用がかかりません。売り上げが発生したときのみ、利用料が発生する仕組みです。そのため、低リスクでネットショップを運営しながら経験を積めます。

小さい規模から始め、規模が大きくなるにつれて、事業規模を拡大していくこと大切です。 いきなり、あれもこれもと様々な構築サービスで挑戦するのは、資金や人手が足りなくなりますので注意しましょう。 ECサイトの規模に合わせた構築サービスを利用することが、ネットショップを成功させる法則です。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】アクセス解析ツールとは

  2. 【楽天市場】「おすすめニュース広告」の使い方とコツをご紹介!

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】セグメント配信とは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】リスティング広告とは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】入口商品とは

  6. ネットショップでの集客方法を詳しくご紹介

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. Shopifyのストアの解約方法!

    Shopifyのストアの解約方法!解約の手順を分かりやすくご紹介!

  2. 越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

    越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

  3. 越境ECを始めるならShopify(ショッピファイ)がおすすめ!

    越境ECを始めるなら海外販売に強いShopify(ショッピファイ)がおすす…

  4. Shopifyのショップドメインについて徹底解説!

    Shopifyのショップドメインについて解説!独自ドメインへの変更方法…

  5. 決済サービス「Shopify payment」

    決済サービス「Shopify payment」とは?手数料や導入方法を解説