ネットショップ集客に必須!基本の集客手法とデータ分析ツール

ネットショップの開設だけでは、すぐには売れない

ネットショップの開設だけでは、すぐには売れない
素晴らしい商品を揃えてネットショップを開業すれば、「自然と売れていくだろう」と思いがちですが、開業しただけではすぐに商品は売れません。

実店舗なら、人通りの多い立地に出店していれば、通りがかりに偶然ショップを見つけてもらえるチャンスがありますが、ネットショップの場合はそうはいかないからです。 ネット上には無数のショップが存在しているので、しっかり集客をしないとお客様に自分のショップを見つけてもらえません。 ネットショップの売上は、「訪問者数×購入率×購入単価」の組み合わせです。 そもそもショップを訪問する人がいなければ、どんなショップも売上を立てることができないのです。

つまり、ネットショップでは、積極的に集客をしていくことが非常に大切といえます。また、実際に売上の高いショップは、集客の施策や実施に多くの時間を割いています。

コストをかけずに集客したい!おさえておきたい基本手法

コストをかけずに集客したい!おさえておきたい基本手法
売上を立てるために集客が大切なことは分かったけれど、そこまで予算がない…。予算をかけずに集客するには、効果的な集客の方法を理解し、無料のツールなどを活用していくことが大切です。
ここでは、SEOやGoogleアナリティクスなど、大きな費用をかけなくても集客ができるツールや方法を解説していきます。これらを活用しながら集客の施策をできるだけ自社で対応していくことで、費用を大幅に抑えることができます。また、すべて自社で行うことができなかったとしても、費用をかける所と自社で対応する所のメリハリをつければ、集客コストの節約につながります。

ネットショップに必須!まず取り入れたい基本の集客方法

ネットショップに必須!まず取り入れたい基本の集客方法
ネットショップの基本的な集客方法としてあげられるのが、「リスティング広告」と「SEO対策」の2つです。 どちらもユーザーがWeb検索をした時に、検索結果に表示されるもので、集客の施策として多くのショップに利用されています。ここではその2つの特徴や注意点などを解説していきます。

リスティング広告とSEOの違いとは?

リスティング広告とSEOは、どちらも検索した時に表示されるものですが、具体的に何がどう違うのでしょうか?

リスティング広告は検索連動型広告のことで、ユーザーがあるキーワードを検索した時に、関連したコンテンツが検索結果の上部に表示されることです。 SEOは自然検索とも呼ばれ、こちらも検索キーワードに応じてコンテンツが検索結果に表示されますが、検索エンジンのアルゴリズムによってランキングされるという違いがあります。

主な違いは「上位表示されるまでにかかる時間」「ターゲットをコントロールできるか」「クリック率」「費用」の4つに分類することができます。
リスティング広告 SEO対策
上位表示されるまでにかかる時間 すぐ表示される 時間がかかる
ターゲットをコントロールできるか 可能 分析と改善を蓄積する
クリック率 低い 高い
費用 有料 無料
どちらが良い悪いはありませんが、それぞれの特徴を活かして使い分けるのが良いでしょう。

費用対効果に気をつけたい、リスティング広告の注意点

リスティング広告は、クリック課金型の料金体系となっています。広告がクリックされるたびに課金される仕組みで、クリックされなければ料金は発生しません。設定するキーワードによってクリック単価が異なり、競合の少ないキーワードほど単価が低くなります。競合が少ないキーワードは購入率が低い可能性も高いため、予算に合わせて効果的なキーワードを設定する必要があるでしょう。
高すぎるクリック単価での広告出稿は費用対効果を悪くするので、自社の予算やビジネス規模にあったキーワード設定が大切です。

リスティング広告を取り入れるべき理由

リスティング広告には費用がかかりますが、そのキーワードに関心のあるユーザーに対して、ピンポイントで訴求することができます。
SEOでは検索エンジンがサイトを認識するまで待つ必要がありますが、リスティング広告では設定したらすぐに広告掲載が開始するので、即効性があります。新聞や雑誌などの一般的な広告と比べて費用も低いので、1日でも早く集客をしたいネットショップにとって取り入れたい手法です。

SEO対策とは?

SEO対策とは、ユーザーがあるキーワードで検索した時に、自社サイトを検索エンジンに上位表示させるための施策です。キーワードの検索と連動している点はリスティング広告も同様ですが、SEO対策では自社サイトのコンテンツを工夫することで検索上位を目指すため、費用はかかりません。
ただ、検索エンジン独自のアルゴリズムによって、さまざまな角度から判定されるため、上位認識されるまでに長い時間がかかります。上位表示されれば、高いクリック率を獲得できるので、中長期的な施策として向いています。

検索順位はどうやって決まるのか?

検索順位は、検索エンジンのアルゴリズムによるサイト評価によって決定されています。
サイトに掲載されているコンテンツを元に、サイト評価が下されているのですが、アルゴリズムの数は数百にも及ぶとされています。

また評価基準も日々更新されているため、常に最新情報を把握していることが大切です。細かな評価基準は刻々とアップデートされているのですが、大きな流れとしては「関連性と信頼性が高いかどうか」「ユーザーが求めるコンテンツかどうか」といった点が特に重視されています。
SEO対策を行う際には、ユーザーの視点に立ったコンテンツ作りがポイントとなります。

意外に時間がかかる、SEOの注意点

SEO対策を行う上での注意点は、「結果が出るまでに時間がかかる」「検索エンジンのアルゴリズム変更によって結果が左右されてしまう」ということでしょう。

SEO対策の効果が出るには、半年から年単位の時間がかかることもあります。集客の手法として有効なSEO対策ですが、これだけに絞ってしまうのも運営上のリスクとなります。 他の集客施策と組み合わせて同時進行していくことが効果的といえるでしょう。

導入の価値あり!Googleアナリティクス

導入の価値あり!Googleアナリティクス
自社で対応できる集客方法として有効なのが、Googleアナリティクスです。
登録すれば、「ユーザーがサイト訪問後にどのような行動をとったか」がわかるようになります。訪問データを分析し問題点を改善することで、集客アップを目指すことができます。Googleアナリティクスは無料で利用できるサービスです。

なお、オフィシャルなマニュアルはなく、不定期に仕様が変更されるため、利用する際は常に最新情報を確認するようにしたほうが良いでしょう。

Googleアナリティクスを設置する方法

Googleアナリティクスの利用には、まずはGoogleアカウントが必要です。 作成したアカウントでログインをしたら、次はGoogleアナリティクスへの登録も行います。 項目に従って、求められる情報を入力していくと、最後に「トラッキングコード」が出てきます。このトラッキングコートをネットショップの各ページに埋め込んでおけば、Googleアナリティクスの設置は完了です。このトラッキングコードはHTML形式で、埋め込むことでデータの取得ができるようになります。

あわせて使おう、Googleサーチコンソール

あわせて使おう、Googleサーチコンソール
Googleアナリティクスは、ユーザーがサイトにアクセスした後のデータが取得できるのに対し、Googleサーチコンソールは、アクセス前のデータが取得できます。

どのキーワードで検索した時にサイトが表示されたかなど、ユーザーの流入経路を分析することができます。流入検索キーワードを知ることで、見込み客のニーズを発掘することもでき、集客に役立つツールです。 また、Webページに隠れた問題なども発見できるので、問題を防いで販売機会を最大化することにもつながります。こちらも無料で利用できます。

Googleサーチコンソールを設定する方法

Googleサーチコンソールの設定は、Googleアナリティクスと同じく、アカウント取得から始まります。 Googleアカウントからログインして、Googleサーチコンソールの登録へ進み、項目に従って情報やサイトURLを入力していきます。最後に「所有権の確認」画面が出てきますので、必要事項を入力すれば設定完了です。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】離脱率とは

  2. 上代・下代とは?ネットショップ開始前に覚えておきたい専門用語と仕入れ方法を解説

    ネットショップ・ECの無在庫販売を始めるには?仕入れ方法やメリットを徹底解説

  3. 【解説】ネットショップのブランド名の決め方

  4. コンセプト決めが成功を左右する!ネットショップ開業に向けてコンセプトを決める方法

    コンセプト決めが成功を左右する!ネットショップ開業に向けてコンセプトを決める方法

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】 楽天EXPOとは

  6. ネットショップで使える決済方法とは?メリット・デメリットを解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. Shopifyのストアの解約方法!

    Shopifyのストアの解約方法!解約の手順を分かりやすくご紹介!

  2. 越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

    越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

  3. 越境ECを始めるならShopify(ショッピファイ)がおすすめ!

    越境ECを始めるなら海外販売に強いShopify(ショッピファイ)がおすす…

  4. Shopifyのショップドメインについて徹底解説!

    Shopifyのショップドメインについて解説!独自ドメインへの変更方法…

  5. 決済サービス「Shopify payment」

    決済サービス「Shopify payment」とは?手数料や導入方法を解説