【ネットショップ・EC用語集】ディスプレイ広告(リターケティング)

ディスプレイ広告(リターケティング)

ディスプレイ広告とは、WEBサイトやアプリの広告枠に表示される広告のことです。 広告が目立つように画像や動画のバナーで表示されることが多いため、バナー広告とも呼ばれています。

Webページの上部など、ユーザーの目にふれやすい場所に広告を表示することで興味を惹き、クリックしてもらうことでサイト誘導や集客へと繋げていきます。

購入意欲の高いユーザーにアプローチをするリスティング広告と違い、ディスプレイ広告は潜在層のユーザーにアプローチをかける手法です。 ニーズや悩みはあるけれども気づいていないユーザーや、興味や関心はあるが具体的な行動を起こせないユーザーに対してアプローチすることで、商品やサービスの認知拡大ができます。

またディスプレイ広告ではリターゲティングが可能です。 リターゲティングとは、一度Webサイトを訪問した人に向けて、別サイトで再度広告を表示する手法です。 関心の高いユーザーに絞って再アプローチができるため、費用対効果が高くなるというメリットがあります。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ニッチ商品とは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】シナリオメール

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】顧客獲得単価とは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ライブコマースとは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】モール内検索

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】SEOとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。