【ネットショップ・EC用語集】CPM分析とは

CPM分析

CPMとは、Customer Portfolio Management(カスタマー・ポートフォリオ・マネジメント)の略で、顧客データ(カスタマー・ポートフォリオ)を分析・分類し、その顧客に合わせた顧客育成を行うことを指します。顧客データを分析することでリピーターの獲得を最大化でき、特にECショップ運用と相性の良いマーケティング手法です。

CPM分析では、自社のECショップなどで取引実績のある顧客を一定の基準で複数のグループに分類していきます。そして、各顧客グループに適したマーケティング施策を行い、顧客を育成(ナーチャリング)、優良顧客層を広げていきます。

ECサイトの運用では、一般的にその売上の約90%はリピーターからのものだと言われています。つまり、リピーターの維持・獲得を最大化していくことが、ECショップの運営における成功に欠かせない要素でもあるのです。リピーター獲得に向いているCPM分析は、その手がかりを知るのに効果的なツールといえます。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】カゴ落ちとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】クローラーとは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】JavaScript(ジャバスクリプト)

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】あす楽とは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】回遊率とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】Google Analytics

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。