【ネットショップ・EC用語集】RMSとは

RMS

RMSとは、Rakuten Merchant Serverの略で、楽天市場における店舗運営システムのことを指します。 他のメジャーなECモールにも似たようなシステムはあります。
例えば、Amazonでは「セラーセントラル」、Yahoo!ショッピングでは「ストアクリエイター」「ストアクリエイターPro」があります。
RMSはオンライン上の管理画面で様々な情報を管理できることが特徴です。特定のソフトウェアをインストールする必要はないため、インターネット環境さえあれば、端末や場所の制限なく利用することができることが特徴です。

また、ECショップの立ち上げから運用に必要な、あらゆる機能がRMSには備わっています。
例えば、ECショップのページ作成、決済機能、受注の管理などの店舗運営に関わる機能や、アクセス分析やメルマガ配信など、売上アップに役立つ集客・販促関連のツールまで、RMSを使えば一元的に管理することができるのです。

▼RMSについてはこちら
https://www.rakuten.co.jp/ec/environment/service/
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】バックリンクとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】モール内検索

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】 楽天ポイント(旧:楽天スーパーポイント)

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】入口商品とは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】頒布会(はんぷかい)とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】LTVとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。