【ネットショップ・EC用語集】CMSとは

CMS

CMSとは、Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略で、Webサイトを構成するさまざまなコンテンツを、1つの場所で一元的に管理するシステムのことを指します。 ここで言うコンテンツとは、Webサイトを構成するのに必要な、テキスト、画像、デザイン、レイアウト情報(テンプレート)などのことです。

具体的なCMSの種類として最もメジャーなのは、WordPress(ワードプレス)です。

CMSを採用するメリットとしては、
●専門知識がなくともWebページの更新・追加が可能
●モバイルなどのマルチデバイスへの対応が容易
●運用コスト削減や更新のスピードアップが図れる
などが挙げられます。

このように、専門家でなくてもWebページの更新がしやすいCMSを導入すれば、サイトメンテナンスにかかる必要な作業が飛躍的に効率化され、サイトの集客力を高めやすくなるという利点があります。

The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】潜在客とは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】楽天タグIDとは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】純広告とは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】頒布会(はんぷかい)とは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ランサーズ

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】おちゃのこネット

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。