【ネットショップ・EC用語集】RFM分析とは

RFM分析

RFM分析とは、マーケティング手法の1つで、3つの指標で顧客を分類する分析手法を指します。 3つの指標とは、「Recency(最新の購買日)」「Frequency(購買頻度)」「Monetary(累積の購入金額)」で、これらの頭文字を取ってRFM分析と呼ばれています。

RFM分析では、顧客の購買行動を3つの角度から数値化し分析することで、優良顧客や休眠顧客を可視化することができます。それぞれの顧客行動からスコア付けを行い、顧客をランク付け・グループ分けしていくことで、顧客の傾向を客観的に把握することができます。

RFM分析を活用して、自社が抱える顧客の行動傾向を深く理解できれば、それぞれの顧客に合わせた効果的なアプローチができるようになります。そして、より購入の可能性が高い顧客にアプローチの重点を置いたり、自社の収益アップに向けた、効率の良い施策の計画・実行ができるようになるのです。

The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】CPCとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】楽天レビューとは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】粗利率とは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】リスティング広告とは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】画像加工ソフトとは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】顧客生涯価値(LTV)とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。