【ネットショップ・EC用語集】離脱率とは

離脱率

離脱率とは、Webサイト上でのセッションを分析し、そのページで離脱したユーザーの割合を示す数字です。サイト運営において「離れてしまうユーザーが多い・少ないのはどのページか」を判断できる指標になります。離脱率はアクセス解析をするにあたり非常に大切な情報で、そのサイト上でのユーザーの行動傾向を知ることができます。

サイトには、お問い合わせ、メールマガジン登録、資料請求、商品購入、買い物カゴなど、運営者がユーザーを誘導したい数多くのページがあります。運営者が目的とするページに到達する前にユーザーが離脱してしまう理由を分析すれば、購買率を改善するヒントが見つかります。

離脱にあたる行動とは、下記のようなものがあげられます。
●そのページを最後に、ブラウザを閉じる
●そのページを訪問してから30分間何もせず、サイトを放置する
●そのページで何もセッションをせずに、午前0時を回る
●そのページを最後に、ブラウザの戻るボタンからサイト外に出てしまう
●そのページを最後に、サイト内にある別サイトのリンクから、外部サイトへ飛ぶ

なお、高い離脱率が必ずしも問題とならないケースもあり、出口ページ(注文やお問い合わせの完了など、目的達成後に表示されるページ)の場合、同じ利用者が同じページに複数回アクセスしている場合、サイトの滞在時間が長いなどがあげられます。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】SEOとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】オムニチャネルとは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】粗利率とは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ドメインパワー

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】客単価とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】定期購入とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。