【ネットショップ・EC用語集】ブルーオーシャンとは

ブルーオーシャン

「ブルーオーシャン」とは、競争相手がまだ誰もいない未開拓市場を意味する言葉です。
穏やかで無風状態の海のように、のびのびと市場開拓できるという意味があります。

ブルーオーシャンの一例として、フリースなど高機能な衣料を低価格で大量に供給したUNIQLOや、動画サイト「Youtube」を利用してさまざまなコンテンツを発信するyoutuberなどが挙げられます。

ブルーオーシャンは誰も注目されなかったからこそ、ブルーオーシャンでした。
一度注目を浴び、ライバルが参入してくると市場の競争が激化します。これを「レッドオーシャン」と呼びます。 しかし、レッドオーシャンと化けした市場でも、新しいブルーオーシャンを見つけることは可能です。
たとえば、掃除機はすでにたくさんのメーカーが毎年新しい製品を開発していましたが、ロボット掃除機はどのメーカーからも販売しておらず、大きな利益を上げました。

The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】アクセス解析ツールとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】CPOとは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】メルカリとは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】潜在客とは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】adobeとは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ランサーズ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。