【ネットショップ・EC用語集】アップセルとは

アップセル

アップセルとは顧客の単価を向上させるための販売促進手法の1つです。 具体的には既存顧客に今よりも上位のモデルに乗り換えてもらうことや、見込み顧客に検討しているモデルよりも上位のモデルを購入してもらう販売促進手法です。

例えば、スタンダードプランからプレミアムプランへの変更など上位サービスへの切り替えの提案や、5万円の家電を検討している顧客により高性能で利便性の高い10万円の家電を購入してもらうこと、単発購入顧客に対して定期購入の案内、などが挙げられます。

現在の商品やサービスを高価なものへスイッチしてもらうことで、顧客数を増やすことなく効率的に売上の拡大が見込めることや、高単価戦略により収益性の向上が狙えます。

アップセルは既存顧客や見込み顧客をターゲットとするためアプローチがしやすいという特徴があります。
しかしその反面、自社ロイヤリティが低い顧客への提案は効果が薄く、場合によってマイナス効果に繋がる可能性があるため注意が必要です。 そのため顧客情報の収集や分析を行い、ターゲットとする顧客の選定や、普段から顧客ロイヤリティを高める施策が重要となってきます。

また、似たような言葉としてクロスセルという手法があります。 こちらは関連商品を一緒に購入してもらうというもので、アップセルとは違う角度から顧客単価を高めようとする販売促進手法です。

The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】パンくずリストとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】顧客生涯価値(LTV)とは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】Amazon Pay (旧Amazonペイメント)

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ディスプレイ広告(リターケティング)

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】MEOとは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】楽天スーパーDEALとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。