【ネットショップ・EC用語集】粗利とは

粗利

粗利とは売上高から売上原価を差し引いた利益のことで、正式には「売上総利益」といいます。
起業の本来の活動目的で販売した商品やサービスから生み出された利益をダイレクトに表すことから、企業にとって収益や競争力の源泉となっています。

売上高 ― 売上原価 = 粗利益

上記の計算式で求めることができ、例えば100万円の売上で仕入れの売上原価が40万円だった場合には60万円が粗利益となります。

言い換えるならば、40万円で仕入れたものが100万円で売れたということなので、この企業は60万円の付加価値を生み出したと判断できることになります。 この付加価値こそがその企業特有の技術であったり、他社と差別化を可能にする競争力の源泉になるといえ、付加価値を高めることは、収益性向上はもちろん同業他社の競争力を上げられる重要な要素となっています。

また粗利は、広告費や家賃といった販売費や一般管理費、借入金の利息などの営業外費用、法人税などは引かれていないことにも注意しておきましょう。

The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】イージーマイショップ

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】定期購入とは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】バイヤーズ

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】おちゃのこネット

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ネクストエンジンとは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】アクセス解析とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。