【ネットショップ・EC用語集】顧客生涯価値(LTV)とは

顧客生涯価値

顧客生涯価値とは、別名「ライフタイムバリュー(LTV)」ともいいます。
ライフサイクルの全期間において1人の顧客がその企業にもたらす金銭的価値の総計を指しています。
これは短期間の取引での利益を考えるのではなく、既存顧客と良い関係を築くことで長期的に考えたときに高い利益に繋げることを考えた指標であり、顧客生涯価値が高い顧客は、企業に高い利益をもたらしてくれる優良顧客となります。

近年ますます顧客生涯価値が注目される背景には、多大な広告費を投入し新規顧客を獲得し短期的な利益を求める時代から、ブランド力や付加価値を高め長期的に顧客に満足を提供することが求められるようになってきたからです。

有名なパレートの法則は、全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の約8割を占めるという法則で、ニハチの法則として知られます。
マーケティングでは、売上の上位2割の顧客層に対し、顧客生涯価値を高めることが重要であるといわれています。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】スーパーデリバリーとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】NETSEA(ネッシー)とは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】楽天スーパーDEALとは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ランディングページとは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】Google広告(旧AdWords)とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】RMSとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。