【ネットショップ・EC用語集】カゴ落ちとは

カゴ落ち

カゴ落ちとはネットショップを訪れたユーザーが商品をカートに入れたにもかかわらず、購入することなく離脱してしまうことをいいます。

「ユーザーには商品購入の意思があったのにもかかわらず、カートを放棄してページを離れてしまう」という現象の背景にある理由を分析し、対策することで機会損失を発生させないことが重要となります。

Baymard Institute社がネットショップを対象に行った調査資料によると、一般のショップのカゴ落ち率の平均は69.82%にも達するというデータが出ています。

10人中約7人が商品を購入せず離脱してしまった理由には以下のようなものがあります。

・送料や手数料、税金などの追加費用が高すぎた
・購入するにあたってアカウント作成が必要だった
・購入を終わらせるまでのプロセスが長い、複雑すぎた
・商品代金の合計を事前に知ることが出来なかった
・クレジットカード情報を入力するのにそのショップを信用できなかった
・支払方法が少なかった

購入する際の金額や、顧客にとっての買いやすさ、ショップの信用度などがカゴ落ちに大きく影響しているようです。
原因を分析し対策していくことで、カゴ落ち率を下げることが可能になります。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】粗利とは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】RPP広告(楽天プロモーションプラットフォーム広告)とは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】マケプレお急ぎ便(Amazon)とは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】STORESとは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】アクセス解析とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】入口商品とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。