【ネットショップ・EC用語集】カテゴリページとは

カテゴリページとは

カテゴリページとは、ネットショップで取り扱っている商材をカテゴリに分類しているページのことです。
カテゴリページ 一般的なホームページではトップページの下の階層に、カテゴリページがあります。さらにカテゴリページ内に、分類された記事や商品が並んでいます。

このようにカテゴリページを設ける理由は、ユーザビリティを高めるためです。
カテゴリページを作りこむことで、ユーザーは同様の記事や商品を探しやすくなります。目的の商品を探しやすくすることで、販売のチャンスが広がります。

ユーザビリティ向上はSEOにも役立つ

GoogleのSEOは、ユーザビリティやウェブページの関連性をあげることが重要です。
ユーザビリティはモバイル対応サイトや、速い読み込み速度などのユーザーが快適に利用できるかが判断基準です。カテゴリページは先述したように、ユーザビリティの向上に役立つためSEOにもなります。

また、カテゴリページはページの性質上、同様のキーワードを含んだ記事や商品が多くなりやすくなっています。そのため、SEOに重要なウェブページの関連性も上がるようになっているのです。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】クリック率とは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ナビゲーションとは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】NP後払い とは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】CPM分析とは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】楽天違反点数制度とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】タブブラウザ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。