【ネットショップ・EC用語集】顧客獲得単価とは

顧客獲得単価

顧客獲得単価とは、ネットショップであれば1件の注文あたりにかかった広告コストのことです。「CPA(Cost Per Acquisition)」とも呼ばれています。

ECサイトにはそれぞれ商品購入やサービス申し込み、会員登録、資料請求など目的があります。
顧客獲得単価は、これらの成果1件を獲得するためのコストを算出できるため、広告の効果を確認するための指標です。

顧客獲得単価の計算方法

顧客獲得単価の計算方法は以下です。

顧客獲得単価=広告費用÷コンバージョン数
※コンバージョン数は、ネットショップであれば注文数のことです。
例えば広告費用が10万円、コンバージョン数が100件であれば、顧客獲得単価は1,000円です。

目標CPAの設定

ネットショップの広告出稿する前に、目標CPAを設定しましょう。
目標CPAを広告出稿前に決めておかないと、目標よりも広告費がかさんでいても気づくのに遅れてしまったり、利益を圧迫したりします。

また、目標CPAを大幅に上回る場合には、クリック単価の見直しや広告出稿の見直しなどの対策を講じる必要があります。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】楽天SOYとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】単品通販とは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ドメインパワー

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】Google広告(旧AdWords)とは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】R-SNSとは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】インプレッション数とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。