【ネットショップ・EC用語集】リスティング広告とは

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに連動し、検索結果上部や下部に広告を掲載するサービスのことです。代表的なリスティング広告はGoogle広告やYahoo!広告です。
リスティング広告はキーワードと連動しているため、興味のあるユーザーに向けて広告を配信できます。

リスティング広告の3つのメリット

リスティング広告の3つのメリットをそれぞれ紹介します。

SEOよりも即効性がある

検索結果に表示されるリスティング広告よりもSEOの方が有利なのでは?と思う方もいるでしょう。
たしかにSEOで上位表示ができた場合は、広告費用がかからないためリスティング広告よりも有利です。しかし、上位表示するためにはサイト作成から、ある程度の期間や労力が必要です。

リスティング広告であれば、キーワードを選択することで検索エンジンに広告が表示されます。季節商品のように今すぐ拡販したい場合や、ネットショップの開設直後のような場合には、このような即効性はメリットがあります。

低予算でも利用できる

クリック課金型広告のリスティング広告は、入札によりクリック単価が決定します。つまり、自分の入札額以上のクリック単価にはなりません。
クリック単価は、入札のため競争が激しいキーワードは高騰し、逆に入札が少ないキーワードは安価に出稿できます。

これらの入札が少ないキーワードを狙うことで、低予算でも効果的にリスティング広告を利用できます。

ターゲットに直接アプローチできる

リスティング広告の特徴として、どのキーワードに広告をだせるか決められることです。そのため、広告主がターゲットユーザーを選び、直接アプローチできるのがメリットです。

リスティング広告では、購買率の高いキーワードは人気があり、入札競争が激しくなる傾向にあります。購買率が高く、入札競争の少ないキーワードをみつけることがリスティング広告をうまく活用するポイントです。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】リピート率とは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】顧客生涯価値(LTV)とは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】Google Analytics

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】コンバージョンとは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】まとめ購入(楽天市場)とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】除外キーワードとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。