【ネットショップ・EC用語集】ロングテールとは

ロングテール

ロングテールとは、WEBマーケティングの考え方で販売数の少ない商品群の売り上げが、全体の売り上げに対して大きな割合を占めることです。
上位20%と下位80%の商品群を売り上げでグラフ化すると、販売数の少ない商品群がまるで「恐竜の尻尾」のように長く伸びているため、ロングテールと名づけられました。

従来の実店舗のマーケティングでは、上位20%の商品が全体の売り上げの80%を占めています。これは実店舗では商品を陳列するスペースに限りがあるため、売れ筋の商品の販売に注力するためです。しかし、ネットショップは商品を陳列する必要がないため、品揃えが豊富になるほど全体の売り上げをアップできます。

ロングテールの代表例はAmazon

ロングテールを採用して、大きな利益をあげている企業の代表例はAmazonです。
Amazonには家電や本、ホビーや生活用品など、ありとあらゆる商品を取り扱っています。Amazonは、ニッチで販売機会が少ない商品でも豊富にそろえることで、大きな利益を生み出しています。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】セグメント配信とは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】NP後払い とは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】おちゃのこネット

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】シナリオメール

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】直帰率とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】カゴ落ちとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。