【ネットショップ・EC用語集】純広告とは

純広告

純広告とは、バナー広告やサムネイル広告、新聞広告などのように、広告枠を買い取り特定のメディアに一定期間掲載する広告のことです。
広告費用は、掲載期間や掲載場所に応じて変動することも覚えておきましょう!

インターネットでの広告には以下のような種類があります。
純広告「バナー広告」「サムネイル広告」
クリック課金型広告「リスティング広告」
成果報酬型広告「アフィリエイト広告」

純広告の4つのメリット

紙媒体に限らず、ネット媒体でも純広告はよく利用されています。
純広告が利用される理由である4つのメリットを紹介します。

希望の位置に掲載される
広告の掲載位置を出稿時に決められます。一般的には大きく目立つ位置になるほど、料金が高くなります。

広告枠を選択できる
広告枠の掲載位置や、広告のサイズ、掲載期間などから広告枠を選択できます。告知内容に合わせて適当な広告枠を選択できるのがメリットです。

広告枠を買い取るため必ず掲載される
純広告の契約期間中は、他社に広告枠を奪われません。
広告枠を買い取るため、契約期間中は必ず掲載されることがメリットです。

運用する必要がない
リスティング広告の場合では、他社の入札額により掲載位置が変わっていきます。掲載位置を調整するために、常日頃の入札額のチェックが必要です。
純広告はこのようなことがないため、一度出稿すると管理・運用せずにすむのがメリットです。

純広告の2つのデメリット

純広告には2つのデメリットがあります。
これらを理解したうえで、利用を検討しましょう。

広告費用が高い
純広告の1つ目のデメリットは、広告費用が高いことです。
純広告は広告枠を買い取るため、クリック課金型広告に比べると費用が高くなります。料金は掲載メディアや掲載期間により様々ですが、数万円から数十万円が必要です。
また、クリック課金型や成果報酬型とは違い成果とは関係なく費用が発生します。

広告の差し替えができない
純広告の2つ目のデメリットは、広告の差し替えが難しいことです。
紙媒体の純広告であれば、広告の写真や内容について差し替えることはできません。ネット媒体であっても、純広告は基本的に広告の写真や内容を変更することは難しいです。

そのため純広告で成果を得るためには、広告物の制作に最大限の注意が必要です。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】フォローメールとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】楽天SOYとは

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】オムニチャネルとは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ナビゲーションとは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】除外キーワードとは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】被リンク数とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。