コンセプト決めが成功を左右する!ネットショップ開業に向けてコンセプトを決める方法

ネットショップの開業を目指している方へ、コンセプトはすでに決まっていますか。
ブレない運営をするためにも、重要なポイントです。まだ決まっていない方や決め方がわからない方のために、ネットショップの成功に導けるようなコンセプト決めの方法を紹介します。

コンセプトは、ネットショップの成功を大きく左右します。もし、コンセプトを決めずに開業しようとされているなら要注意です。なぜなら、コンセプトが不明確なサイトは、他サイトとの差別化が難しくなるからです。そのため、お客様は価格で比較するようになり、価格競争に巻き込まれやすくなります。 そのような事態は避けたいでしょう。

そこで、ネットショップを成功に導くためのコンセプトの必要性や決め方について紹介します。

ネットショップを成功に導くためのコンセプトとは?

ネットショップを成功に導くためのコンセプトとは?
まずはコンセプトについて、理解を深めましょう。
コンセプトとは、「概念」「発想」「構想」「理念」「方針」などといった意味合いで、「終始一貫した考え方や構想、基本理念」となります。
つまりは、コンセプトはネットショップ全体の枠組みや骨組みと考えてください。

例えばインド風居酒屋を開くとして、コンセプトに「日本にいながら本場のスパイシーな味とエスニックな雰囲気が楽しめ、まるでインドに行った気分が味わえるインド風居酒屋」と設定したとしましょう。

するとどうでしょうか。店の内装や店員の服装、店内の小物に至るまで、頭の中で想像できるはずです。
まさか、このコンセプトを聞いて、和テイストの店舗を思い浮かべる方はいないでしょう。

このようにコンセプトは、細部に至るまで終始一貫した考え方で事業を統一することに役立ちます。 コンセプトはあくまで枠組みや骨組みなので、「こうしたい」「こうなりたい」などの目的ではありません。
また、コンセプトと混同しやすい言葉として、テーマがあります。テーマの意味は主題で、課題ごとに設定できます。テーマとコンセプトは、似ているようで違いがあるため、使い方に注意しましょう。

ネットショップを開業する際なぜコンセプトが必要なのか?

ネットショップを開業する際なぜコンセプトが必要なのか?
ネットショップに、コンセプトが必要な理由を3つ紹介します。

1つ目の理由は、「やるべきことを明確化」ができるためです。
ネットショップを運営する場合においては、コンセプトが決まっていると自然にやるべき方向性が絞られていきます。そのコンセプトにあったデザイン、商品やサービス、顧客が得られる体験などで方向性がブレなくなります。複数人で運営する場合も、統一感のある運営が可能となるでしょう。

2つ目の理由は、「競合サイトと差別化」を図れるからです。
コンセプトがあれば、オンリーワンのネットショップを目指せるため、競合サイトとの差別化が図れます。すると、お客様は価格以外で比較するため、価格競争に巻き込まれにくくなります。

3つ目の理由は、「ビジネスの成功率がアップ」するためです。
コンセプト自体がキャッチコピーの役割を担い、集客に役立つことがあります。また、顧客がコンセプトを気に入ると、何度も利用してくれるリピーターにもなってくれます。このように、コンセプトはビジネスの成功率を上げてくれるのです。

コンセプトを考える際に絶対やるべきこと

次に、コンセプトを考える際に絶対やるべき3つのことです。

1つ目は、市場調査で需要があるかを確認します。
市場調査をすることで、ターゲットを絞るのに役立つでしょう。また、ターゲットとする市場の規模を知ることで、ニッチ過ぎるコンセプトの設定を避けられます。

2つ目は、競合調査です。
競合調査では、他社サイトよりも自社サイトに優位性があるか競合調査を行うことで、競合サイトとの差別化に役立ちます。
不毛な価格競争に巻き込まれないように、他社よりも優位な部分と不利な部分を洗い出しましょう。

3つ目は、自社の強みを確認することです。
自社サイトの強みは、どの部分にあるか確認しましょう。自社商品を開発している、自社でのみしか取り扱っていない商品などです。

コンセプトの基本的な考え方

コンセプトの基本的な考え
コンセプトの基本的な考え方として、ターゲットの設定があります。
コンセプトを作る目的は、「どのようなターゲットに、どのような商品やサービスを提供するのか」を明確にするためです。

そのため、ターゲットの設定が重要となります。欲張りすぎてターゲットを広げすぎると誰にも刺さりませんし、逆にターゲットを絞りすぎるとニッチ過ぎて商売とならないからです。

また、ターゲットが商品やサービスを購入するのは、商品目当てだけとは限りません。
例えば、ターゲットは抱いている不安や不満、問題点を解決できるような商品やサービスを求めていたりします。

このようにターゲットを適度に絞って、そのターゲットの潜在的なニーズを掘り起こして、コンセプトに取り入れるのがネットショップを成功させるコツです。

コンセプトを効率的に考える方法

コンセプトを効率的に考える方法
コンセプトを効率的に考えるには、どのようにすれば良いのかを紹介します。
成功するコンセプトには「市場調査で需要がある」「競合調査で競合サイトよりも優位性がある」「自社独自の商品やサービスなどの強みがある」の、3つ全て満たしている必要があります。
まずは、この3つを満たす自社の商品やサービスを探しましょう。

次に、その商品やサービスを求めている客層を検討します。
先に説明したように、ターゲットは絞りすぎても、広げすぎても良くありません。市場の規模に合わせて適度にターゲットを絞りましょう。

ここまでで、提供する商品やサービス、ターゲットが決まります。あとは、それらに合わせたコンセプトを設定すれば良いだけです。

ネットショップ開業するならまずはコンセプト設定から

ネットショップ開業するならまずはコンセプト設定から
ネットショップ開業を考えている方は、コンセプトの設定を必ず行いましょう。
コンセプトの有無によるネットショップのメリット・デメリットを、以下の表にまとめました。
コンセプト有 コンセプト無
価格競争 なりにくい なりやすい
商品・サービス 統一感がでやすい 統一感がなくなりやすい
他サイトとの差別化 図りやすい できない
ターゲットへの訴求力 強い 弱い
リピーター 獲得しやすい 獲得しにくい
コンセプトを設定することで、ターゲットに訴求しやすいネットショップとなるでしょう。
そのため、成功率をアップできるはずです。 このように、成功するコンセプトを設定するためには、以下の4項目が大事です。
  • ・市場調査で需要があるかを確認する
  • ・競合調査で自社に優位性があるかを確認する
  • ・自社の商品やサービスに強みのあるものにする
  • ・ターゲットを絞る
これら全てを満たせれば、コンセプト自体がキャッチコピーとなり集客にも役立つはずです。
そのコンセプトが、成功への大きな助けとなるでしょう!
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. 越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

    越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】JavaScript(ジャバスクリプト)

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】自社ECサイト(独自ドメイン店)とは

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】SEOとは

  5. ネットショップを運営する際のお問い合わせメールや返答メールのマナー

    ネットショップを運営する際のお問い合わせメールや返答メールのマナー

  6. 確定申告。どんな時に必要?基本知識と手順

    確定申告。どんな時に必要?基本知識と手順

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. Shopifyのストアの解約方法!

    Shopifyのストアの解約方法!解約の手順を分かりやすくご紹介!

  2. 越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

    越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

  3. 越境ECを始めるならShopify(ショッピファイ)がおすすめ!

    越境ECを始めるなら海外販売に強いShopify(ショッピファイ)がおすす…

  4. Shopifyのショップドメインについて徹底解説!

    Shopifyのショップドメインについて解説!独自ドメインへの変更方法…

  5. 決済サービス「Shopify payment」

    決済サービス「Shopify payment」とは?手数料や導入方法を解説