小さく始めるネットショップの開業方法。メリットとデメリットも解説

ネットショップを開業する際、小さく始めるメリットとは?

ネットショップを開業する際、小さく始めるメリットとは?
ネットショップを小さく開業することのメリットは、費用や労力の投資を小さく抑えられることです。 ネットショップを開業するには、当然ながら、まず商品が必要ですが、いきなり大きな規模で始めるとそれなりの仕入れ費用がかかります。また、仕入れた商品を保管する際の倉庫費用、発送管理するための人件費、システム料なども大きくなります。 ネットショップでは、商品が売れるまで収益が生まれません。実際にどれだけ売れるかわからない商品の在庫を多く持ち過ぎてしまうことは、開業したばかりのショップにとって大きなリスクとなります。 小さく開業することで、投資費用や労力を抑えるだけでなく、運営リスクを最小化することにもつながります。

ネットショップを開業する際、小さく始めるデメリットとは?

ネットショップを開業する際、小さく始めるデメリットとは?
どんな規模のネットショップを開業するとしても、どうしても必要な費用や労力があります。ネットショップのデザイン・構築や、写真撮影、プラットフォームのシステム料や梱包資材の準備など…… 小さく開業したネットショップは、失敗した時のリスクは小さいのですが、売るべき商品が少ないため、どうしても大きな収益をあげるチャンスも少なくなってしまいます。 ピンポイントで仕入れた商品が売れなかった場合、投資した費用や労力を回収できるチャンスも少ないことがデメリットといえるでしょう。 ただし、どんな商売にも投資リスクはつきものです。ですので、大きく開業した時よりに比べ、小さく開業した方が失敗した際のリスクが少ないとも言えるでしょう。

何が違う?実店舗とネットショップそれぞれのアプローチ方法

ネットショップを開業する際、実店舗との違いをしっかりと理解しておくことは大切です。 ネットショップも実店舗も、どちらも「お客様に商品を販売する」という点では同じなのですが、お客様へのアプローチの仕方が大きく異なります。 顔の見えないお客様に向けて商品を販売するネットショップですが、実店舗と違い、地理的に遠く離れた所にいるお客様にも訴求することができます。ここではその他、ネットショップと実店舗の違いについて解説していきます。

業務時間の違い

実店舗では、お客様はショップの営業時間内にしか買い物ができません。 営業日や営業時間は、ショップが独自に決めたものだけでなく、出店しているショッピングモールが定めている場合もあるでしょう。 対して、ネットショップでは、お客様は自分の都合の良い時に24時間365日いつでも注文することができます。 発送や確認業務など人手が必要なものは、ショップが決めた営業時間内に行いますが、自動返信メールなどを利用して、時間外業務を一部自動化できることも特徴です。

商品の受け取り方法も違う

お客様が購入した商品をその場で受け取れる実店舗に対して、ネットショップでは商品をお客様が希望する住所に送ります。 商品の受け取りまでにどうしても日数を要するので、発送スピードや商品到着までのお客様とのコミュニケーションによって、ネットショップの信頼度が変わることにも注意が必要です。

ネットショップでは手に取れない。商品の販売方法

実店舗では、店頭に商品を置くだけですぐに販売が始められますが、ネットショップでは、商品ページを作成しなければ商品の販売ができません。 実店舗と違い、お客様が実際に商品を手に取ることのできないネットショップでは、ショップ側が商品に関する情報を発信していく必要があるのです。商品画像だけでなく、魅力的な説明文、購入方法の説明なども必要です。

入店を待つ vs 発信する。まったくアプローチの違う集客方法

実店舗では、お客様が偶然近くを通りがかって入店することがありますが、無数のライバルがオンライン上に存在するネットショップでは違ったアプローチが必要です。 Web広告だけでなく、検索順位をあげるSEO対策、SNSやブログと連携した情報発信など、自分のショップを知ってもらう集客努力が欠かせません。

ネットショップ開業に向けて準備すること

ネットショップ開業に向けて準備すること
ネットショップを開業するには、実店舗の開業とは異なる準備が必要です。 出店場所、商品紹介の方法、24時間365日いつでも入る可能性のある注文に備えたり、遠方のお客様への対応など…… ここではネットショップ開業に必要なことをポイント解説していきます。

まずは出店場所を決める

ショップの出店場所は、開店後の販促や運営方針を決める上でとても大切です。 実店舗では、独立した路面店と、複数のショップが集まるショッピングモールなどへの出店に分かれますが、ネットショップも同様です。

ショッピングモール

ネットショップにおけるショッピングモールとは、楽天市場、 Amazonマーケットプレイス、Yahoo!!ショッピングなどです。複数のショップが1つのプラットフォームに集まっていることが特徴です。 モール上の制約があったり、利用料はそれなりにかかるのですが、まだ知名度のないショップでも多くのお客様の目に留まるチャンスがあります。

自社サイト

自社サイトでの出店は、実店舗における路面店のような位置付けです。ショップのデザインや販売方法などの自由度が高い分、集客もすべて自社で行わなくてはならないため、軌道に乗るまで少し大変かもしれません。 なお、自社サイトはショッピングモールほど利用料はかからないので、集客がしっかりできるショップでは収益率は高くなります。

売上を左右する!商品ページの作成

直接商品を見られないお客様に代わって、ネットショップでは商品ページの作成が欠かせません。 商品ページの内容が売れ行きを左右しますので、非常に大切な作業です。商品の特徴や魅力が伝わるような、複数の商品画像や説明文を用意しましょう。

ネットショップ独自の業務も。日常業務の担当者を事前に決める

ネットショップ運営に必要な日常業務は、実店舗とは異なるものも多いので、事前に担当者を決めておくと良いでしょう。 商品撮影、商品ページの作成だけでなく、梱包・発送から問い合わせメールへの対応などがあります。

実店舗との並行運営がおすすめ。できる範囲からのネットショップ開業

実店舗との並行運営がおすすめ。できる範囲からのネットショップ開業
実店舗経営をしながら、できる範囲でネットショップをスタートさせることもおすすめです。 理由は、「リスクの最小化」と「相乗効果」です。ネットショップの開業には、商品の仕入れからスタッフの確保までさまざまな費用が必要となりますが、実店舗と並行しながらの運営であれば、支出のリスクを最低限に抑えられます。 また、時間外対応や遠方からのお買い物など、実店舗だけではカバーできないお客様のニーズも、ネットショップがあれば解決できます。ネットショップと実店舗どちらも利用するお客様もいることから、相乗効果も狙えることがメリットです。 ネットショップの売上が安定してきたら、ネットショップ専任のチームを作っても良いでしょう。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. D2Cとは何?従来の通販との違いとメリット・デメリットについて解説

  2. ネットショップで使える決済方法とは?メリット・デメリットを解説

  3. Instagramのハッシュタグで増えている「丁寧な暮らし」ってどんな暮らし?

  4. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】 楽天EXPOとは

  5. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】単品通販とは

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ドメインパワー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. Shopifyのストアの解約方法!

    Shopifyのストアの解約方法!解約の手順を分かりやすくご紹介!

  2. 越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

    越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

  3. 越境ECを始めるならShopify(ショッピファイ)がおすすめ!

    越境ECを始めるなら海外販売に強いShopify(ショッピファイ)がおすす…

  4. Shopifyのショップドメインについて徹底解説!

    Shopifyのショップドメインについて解説!独自ドメインへの変更方法…

  5. 決済サービス「Shopify payment」

    決済サービス「Shopify payment」とは?手数料や導入方法を解説