理想のお店を開業したい人必見!はじめにやるべき3つの項目

「いつかは自分の理想の店を持って、たくさんのお客様を笑顔にしたい!そうはいっても実際にお店を開くためには、まず何からはじめればいいのだろう?」と考えている人もいるのではないでしょうか?今の時代、ネットショップでの開業や、土日だけお店を出す週末起業などもあり、昔ほど開業に対してのハードルは高くありません。しっかりと計画を立てて準備をすれば自分のお店を持つことは夢ではないのです。

今回の記事ではあなたが理想のお店を開業するために、はじめにやるべき3つの項目をご紹介します。1つずつ解説していきますので是非参考にしてみてください。

はじめにやるべきこと!コンセプト・ターゲットを決める

お店を開くためにまずやることは、コンセプトを決めてターゲットを明確にすることが必要となってきます。
例えばあなたがお買い物をする場合、売っているものも普通で、なんの特徴もないお店にはわざわざ足を運ぼうとは思わないはずです。色んなお店を比較して魅力的な店から購入したいというのは誰もが思うこと。数あるお店の中から自分のお店を選んでもらうには、他にはない特徴を打ち出していくことが大事になっていきます。

その特徴を打ち出すために必要となってくるのがお店の「コンセプト」。
コンセプトとは分かりやすくいうと「お店全体として統一した考え」または、「お客さんに届けたいテーマ・持ってもらいたいイメージ」ともいえるでしょう。 コンセプトを決めることでターゲットがより明確になり、ターゲットに刺さる商品やサービスを考案・販売できるようになります。結果としてお店の成功にも大きく影響を与えることに繋がっていきます。
では、コンセプトやターゲットは一体どのように決めればいいのでしょうか?

コンセプト

お店の成功にも大きく関わってくるコンセプトの決め方ですが、いくつかのポイントがあります。大きなポイントとしては、
  • ■ どのようなお客様にどんな商品やサービスを届けたいのか
  • ■ お客様にどんな価値を提供したいのか
  • ■ 雰囲気やイメージの方向性
これらを具体的にしていくことが挙げられます。
そのお店全体の方向性を定めることで、お店の魅力がお客様に伝わりやすくなり、それが決め手となって来店や購入に繋がるようになるのです。また、はっきりとしたコンセプトを確立すれば迷いのない店舗運営が可能になるため、大きな失敗をする確率もグッと低くなることでしょう。

ターゲット

次にターゲットですが、人気の店舗では商品やサービスを届けるor届けたいターゲットが明確に設定されています。ターゲットを明確に設定することで、商品ラインナップの軸が決まることや、ターゲットを狙った商品やサービスの考案・販売が可能となります。また他の店舗にはない価値を提供することが出来れば、顧客ロイヤリティの高まりと共に強力な差別化が可能です。

ターゲットの設定はなるべく具体的にイメージするのが重要です。年齢や性別、地域、職業など設定項目は多岐に渡ります。例えば「30代の女性で既婚、共働きの子育て世代」とターゲットを具体的にイメージすることが出来れば、「栄養はあるが仕事から帰っても簡単に作れる料理キット」などターゲットに刺さりそうな商品を、より明確にすることが可能となるでしょう。

理想の店舗に近いお店を探す

コンセプトを決めてターゲットを明確にしたら、今度は自分の理想に近いお店を探してみましょう。「このお店にはこんな素敵なサービスがある」「このお店のあんな雰囲気好き」「このお店を通してこんな価値を受け取った」など自分がお客さんの目線に立ち理想のお店のイメージを固めます。そうすることで、開店するにあたって注意すべきことがわかり、開店した後のミスマッチが少なくなります。
また、他の店舗とは違う工夫点や、取り入れたいアイデアなど細かい部分も見えてくることでしょう。

出店場所を決める

コンセプトと販売する商品やサービスが決まると、いよいよどこにお店を出店するかになってきます。ひとえに出店といっても現代の社会では実際の土地に店舗を構える以外にも、ネットショップも選択肢として思い浮かぶことと思います。販売したい商品や、業態・業種によってどんな出店方法が向いているかはさまざまです。どんな出店方法を選ぶかによって、準備するものや調べるべき情報、プロモーションの方法も変わってきます。

実店舗を構えるスタイルならば、コンセプトによって立地や内外装が変わりますし、その地域の補助金なども調べる必要があるでしょう。ネットショップでの開業を目指すならば、ショッピングモールに出店する「ショッピングモール型」、自社サイトで販売する「ASP型独自ネットショップ」どちらを選択するかが重要になってきます。

いずれにせよ開業したい店舗の性格に合った方法やエリアに出店できるかどうかが、経営がうまくいくかどうかを大きく左右するので慎重な判断が必要となります。

まとめ

しっかりと準備をすれば自分の理想のお店を持つことは難しくありません。そのためにはコンセプトやターゲットを明確にした上で、理想のお店のイメージを固めましょう。出店場所を決める際にはコンセプトや販売方法によって、選択肢がさまざまなので情報を集めて店舗の性格に合った出店方法を選択することが重要となります。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】楽天GOLDとは

  2. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】ランサーズ

  3. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】あす楽とは

  4. ショップのロゴの作り方!イラストレーターがなくてもおしゃれに作れる方法を解説

    ショップのロゴの作り方!イラストレーターがなくてもおしゃれに作れる方法を解説

  5. 販売価格の決め方と計算式

    メルマガ配信にはどんな効果があるの?

  6. ネット用語集

    【ネットショップ・EC用語集】画像加工ソフトとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。