自然と共存する暮らし、バイオフィリックデザインとは

自然と共存する暮らし、バイオフィリックデザインとは
近年インテリアの新しいスタイルとして、自然と共存する暮らし「バイオフィリックデザイン」が注目されています。空間に植物を積極的に取り入れることで、自然を感じることができるのはもちろんストレスの軽減や集中力の向上などさまざまな効果にも期待ができます。

そんなバイオフィリックデザインですが、インテリアとして取り入れていくためにはいったいどういったポイントがあるのでしょうか。
そこでこの記事では今、注目されているバイオフィリックデザインについて解説していきます。

バイオフィリックデザインとは

バイオフィリックデザインとは、インテリアの中に植物を多く取り入れることで、自然を感じられる空間に仕上げていくコーディネートスタイルです。
「バイオ(=自然・生命・生物)」と「フィリア(=愛・友情)」というふたつの言葉から組み合わせてつくられたバイオフィリックという造語から考えられたインテリアの形で、自然や生命を感じられるようなデザインが、バイオフィリックデザインと呼ばれています。近年ではさまざまな場所で見かける機会が増えており、たとえばカフェやオフィス、商業施設などにもバイオフィリックデザインを意識した空間が採用されています。

バイオフィリックを取り入れることのメリット

バイオフィリックを取り入れることのメリット
植物を多く取り入れるバイオフィリックデザインは、自然豊かで開放的な空間を作り出すだけではなく、ストレスの軽減やリラックス効果、集中力の向上などさまざまな効果が期待できます。そのほか空気清浄の効果や加湿の効果などを得られることもメリットのひとつです。

実際バイオフィリアの効果を研究した「The Human Space」によると、植物や日光など自然を感じられるオフィス環境で働く従業員は、そうではない人々と比較すると以下のような効果が見られました。
(参考:世界中の職場におけるバイオフィリックデザインの効果
  • ・幸福度:15%向上
  • ・生産性:6%向上
  • ・創造性:15%向上
業務の内容や個々の能力などが違うため全ての条件を合わせることは不可能ですが、それでも自然環境を取り入れたバイオフィリックデザインが、人の精神面によりよい影響を与えるということは想像しやすいのではないでしょうか。

ストレスの軽減

バイオフィリックデザインを取り入れるメリットのひとつとして、ストレス軽減効果の期待できることがあげられます。たとえば人間はその時の感情や精神状態によってパフォーマンスの結果に影響を及ぼすということはイメージが付きやすいと思います。そのためストレスを抱えた状態では、仕事や勉強などに対しても意欲的に取り組むことができません。生産性や効率の低下にも繋がりますし、リラックスできない状態が続くと体調にも影響を及ぼしてしまう可能性があります。

バイオフィリックデザインの空間は、人間が本能的に求めているグリーンや日光など自然とのつながりを感じやすい環境を整えることで、ストレスの軽減につながりやすい状況を作り上げます。

集中力の向上

集中力の向上に期待できるのもメリットのひとつとして挙げられます。バイオフィリックデザインを取り入れ自然を感じられる空間に仕上げることで、心身共に落ち着きリラックスしやすくなるため、集中力の向上にも期待ができるでしょう。

集中力の向上は、生産性アップはもちろん創造性が高まる効果も期待できるので、思わぬアイデアが生まれるかもしれません。仕事や勉強などで集中した空間が必要な場合や、モチベーションや作業の質が向上しやすい環境に整えたい場合は、バイオフィリックデザインを取り入れたコーディネートに仕上げていくのがおすすめです。

バイオフィリックデザインを取り入れる方法

バイオフィリックデザインを取り入れる方法
そんなバイオフィリックデザインを取り入れていくには、自然を感じさせるシンプルで上質な家具・インテリア、合わせて植物をたくさん使って作っていくのがポイントです。
たとえば見た目にも自然を感じられる観葉植物はもちろん、木材や石など天然素材使ったアイテムを配置していきましょう。またファブリック類もコットンやシルクのような自然由来のものを取り入れるとグッと雰囲気がアップします。そのほかお花やドライフラワーをお部屋のアクセントとして飾るのもおすすめです。合わせてお部屋のレイアウトを変えてみるのもよいかもしれません。

外の景色が見えるようにしたり、窓から太陽の光が入りやすいように家具の配置をしたりしてみてはいかがでしょうか。

バイオフィリックなアイテムを配置する

次にバイオフィリックデザインを取り入れるにあたって、アイテムを配置するポイントについて解説していきます。 はじめに家具選びのポイントとして、天然素材を使ったシンプルで上質なデザインのものを選んでいきましょう。たとえばソファなら人工の革ではなくファブリック素材のものを、テーブルや棚は木で作られたアイテムを選ぶとバイオフィックデザインのお部屋らしさが高まります。

合わせてお部屋のアクセントとなるインテリアには、観葉植物やドライフラワー、自然素材の小物を是非取り入れてみてください。コットンやシルクを使ったファブリック、ラタンのバスケットや竹で作られた小物入れなどがバイオフィックデザインのお部屋によく馴染みます。

またバイオフィリックデザインではカラーコーディネートも重要です。白やベージュを基調にグリーンやブラウンを組み合わせて、まるで自然の中にいるような空間に仕上げていきましょう。

まとめ

近年カフェやオフィス、商業施設などさまざまな場所で見かけるようになった、
自然と共存する暮らしバイオフィリックデザインについてご紹介してきました。

バイオフィックデザインは自然を感じさせるコーディネートスタイルで、ストレスの軽減や集中力の向上などさまざまな効果に期待ができます。観葉植物やお花といった植物はもちろん、天然素材のアイテムをふんだんに使用しバイオフィックデザインの空間作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.

編集者O

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. 極上のボリューム感が人気のカーペット

    人気のボリュームカーペットに新色が登場!ホワイトインテリアにもおすすめ

  2. おうちで気軽にカフェ気分を味わえる!おうちカフェでの楽しみ方!

  3. 【トレンド発掘隊】SNSで話題の3COINS!どうして幅広い年代から人気なの?

  4. 【伝統芸能の茶道】茶の湯とは?茶道との関係や一般的な作法をご紹介

  5. 使いやすくておしゃれな玄関を作るコツ!

  6. お部屋を冬っぽくアレンジ!カラーとインテリアで楽しむ冬のインテリアコーディネート

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。