飽きの来ない北欧テイストのお部屋づくりのポイントをご紹介

飽きの来ない北欧テイストのお部屋づくりのポイントをご紹介
数あるインテリアスタイルの中でも、人気が高く長年愛されている北欧テイストのインテリア。
北欧テイストを取り入れたお部屋は、白やベージュといったナチュラルカラーを基調とし、温かみのある木材をたっぷりと取り入れた、あたたかみが魅力のインテリアスタイルです。
しかし北欧風にお部屋を彩りたいと考えても「どんなものが北欧インテリアなのか」「どう作り上げればいいのか」など悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では北欧テイストの特徴を踏まえて、お部屋づくりのポイントをご紹介していきます。
飽きの来ない北欧テイストのお部屋づくりに是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

北欧テイストのリビングをつくるポイント

北欧テイストのリビングを作っていくには、どのようなポイントを押さえていけばいいのでしょうか。

北欧の冬は日照時間が短いため寒く暗いので有名です。そのような環境でも快適に過ごせるように北欧テイストのお家では明るさや温かみを大切にされています。
ホワイトやベージュをはじめとする明るいナチュラルカラー、そして温かみのある木材を使用したインテリアスタイルは、古くから木と住居の関係性が深い日本の家とも相性が抜群です。また飽きのこないデザイン性のインテリアや、長く使い続けられる実用性を備えているアイテムも多いという特徴があります。

そんな北欧テイスト溢れるリビングに仕上げていくためには以下のポイントを押さえておきましょう。
  • ・シンプルな家具選び
  • ・自然もモチーフにしたアイテム選び
  • ・生活感の出るものは収納棚へ
それぞれ詳しくご紹介していきます。

シンプルな家具選び

ひとつ目のポイントとして押さえておきたいのが、シンプルな家具選びです。
飽きのこないシンプルなデザイン、尚且つ長く使い続けられるように機能性も兼ね備えている家具を選んでいくことが北欧テイストのお部屋に近づく第一歩。
無駄な装飾のないシンプルで機能的なデザインは、落ち着いた空間の中にもどこか上品な印象を与えてくれます。

そのため、たとえば大型のインテリアをテイストの異なるもの同士で組み合わせてしまうと北欧テイストから離れてしまうことも。シンプルだからこそ、周りの家具やインテリアとの調和がとりやすくコーディネートしやすいのが北欧テイストの特徴のひとつとなっています。

自然もモチーフにしたアイテム選び

北欧テイストのお部屋では、自然もモチーフにしたアイテム選びもポイントのひとつです。
木材や緑を感じられるインテリアや、自然素材のファブリック、動物モチーフにしたアイテムを取り入れることで優しさと温かさがお部屋にプラスされること間違いなしです。

たとえば自然や動物をモチーフとした北欧デザインのファブリックには、ポップでカラフルなデザインのアイテムが多く用意されています。カーテンやクッションカバーなどワンポイントとして組み合わせると、お部屋がパッと明るくなるでしょう。

そのほかほっこりかわいい北欧雑貨もおすすめです。シラカバを編んだバスケットや、可愛い刺繍が施されたハンドメイドの小物など、手仕事のぬくもりが感じられる北欧雑貨がひとつあるだけで豊かさが広がります。

生活感の出るものは収納棚へ

生活感の出るものは収納棚へ片づけるのも、北欧テイストのお部屋作りのポイントです。
北欧テイストのコーディネートでは、ずっとお部屋で過ごしたくなるようなシンプルで居心地のよい空間を作っていくことが重要になります。

生活感が出ているものがお部屋に溢れてしまうと、シンプルで居心地の良さがウリの北欧テイストらしさが失われてしまいます。そのため普段使わないような、生活感が出るアイテムはしっかり収納してシンプルな空間を保つことも大切です。

また収納家具にも北欧テイストを取り入れるのもよいかもしれません。
たとえば木のぬくもりを感じることができる木目調のデザインの収納家具なんかは、北欧テイストにピッタリです。扉付きの収納棚や、引き出しが付いている家具を設置して上手に収納していきましょう。

こだわりのある北欧リビングをつくるポイント

北欧テイストの基本を押さえたら、つぎに自分の好みに合うようにこだわっていきましょう。
ひと口に北欧テイストといっても、実は細かくテーマが分けられています。たとえば代表的なテーマとして挙げられるのが「北欧モダン」や「北欧ヴィンテージ」といったコーディネートスタイルです。

どちらのタイプも、ナチュラルカラーと木材を取り入れるといった基本的な部分は変わりませんが、北欧モダンは明るさを重視したシンプルで現代的なデザインが特徴です。一方、北欧ヴィンテージは木材を重視した古き良き時代を意識したテイストが特徴です。

このようにひと口に北米テイストといってもさまざまなタイプがあるため、自分なりのこだわりを持って楽しめるのも北欧テイストの面白い部分ではないでしょうか。合わせて、部屋の印象を左右するインテリアアイテムもこだわりポイントです。

ここからは、ひとつあるだけお北欧らしさを高めてくれるアイテムをご紹介していきます。

バイカラーを取り入れる

北欧インテリアの雰囲気を高めてくれるアイテムとしておすすめなのがバイカラーです。
バイカラーとは配色デザインを表す言葉で、「2色のもの」「2色を並べた配色のこと」 をいいます。インテリアでは、ひとつの家具に2色使われているデザインのアイテムのことです。

インテリアの中に視覚効果を生むバイカラーは、単色デザインよりインパクトがあり、見た目にもおしゃれに感じられます。またお部屋内で組み合わせられる色の選択肢が広がるのもポイントです。
バイカラーを取り入れて北米らしさをアップさせたいならば、木目調×ナチュラルカラーの組み合わせがおすすめ。単色だけではインテリアがつまらなく見えてしまいますが、木のぬくもりをプラスすることで、視覚的な動きや温かみが加わります。

北欧ポスターを取り入れる

壁のインテリアとして飾るだけで、かんたんに北米テイストをアップできる北欧ポスターもおすすめのアイテムのひとつです。
北欧の伝統的デザインと現代的デザインを組み合わせたポスターは1枚かざるだけでスタイリッシュな印象がアップし、心地よい家づくりのアクセントにもなります。

たとえば北米ポスターで有名なのが「PLAYTYPE(プレイタイプ)」。インスタグラムなどで話題を集めることも多いPLAYTYPEの北米ポスターは、海外のインテリアでもよく使われています。中でも“g”のマークが印象的な『gray』シリーズはPLAYTYPE中でも圧倒的な人気を誇っています。
モノトーンの濃淡が美しくキリッとかっこいいポスターは、お部屋の雰囲気を1枚でガラッと変えてくれるでしょう。

そのほかにも「DARLING CLEMENTINE(ダーリンクレメンタイン)」「エンツォ・マーリ」「SEVENTY TREE(セブンティツリー)」の北欧ポスターもおすすめです。

まとめ

まとめ
飽きの来ない北欧テイストのお部屋づくりのポイントについてご紹介してきました。
北欧テイストのお部屋はシンプルながら木のぬくもりを感じる空間に仕上がるため、優しく落ち着きのある空間になるのが特徴です。お部屋作りのポイントとしては、ナチュラルカラーを基調にして、シンプルなインテリアや自然をモチーフにしたアイテムでまとめていきましょう。
また細かいアイテムにこだわるのも北欧テイストの醍醐味。

自分なりのこだわりを見つけて素敵なお部屋作りをしてみてください。
The following two tabs change content below.

編集者O

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. 使いやすくておしゃれな玄関を作るコツ!

  2. 狭いお部屋でもスッキリ!おすすめのベッドの置き方と空間の作り方

  3. 癒しやリラックス空間に香りがおすすめ

    暮らしに癒しの香りを!癒しのおうち時間を過ごすおすすめアイテム

  4. 今、デザイン照明が人気!照明がつくる空間とは?

  5. 【伝統文化の民族衣装】日本の伝統衣装とは?日本の伝統衣装の歴史について

  6. ありすぎて選べない!カーテンを買い替えたいときに知っておくと便利なポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。