今、デザイン照明が人気!照明がつくる空間とは?

デザイン照明がつくるおしゃれな空間

デザイン照明がつくるおしゃれな空間
お部屋をおしゃれに飾ってくれるインテリアには色々ありますが、その外観だけでなく放つ光によってもおしゃれな空間を演出してくれるデザイン照明が人気を集めています。

私たちの生活の身近にあり何気なく使っている照明ですが、照明の選び方次第でお部屋の雰囲気を左右するといっても過言ではありません。 また照明といってもそのタイプは様々です。

その中でも部屋全体を優しく包み込むように照らす間接照明は明るくなりすぎず落ち着いた空間をかんたんに演出できます。
この記事では、そんな間接照明をお部屋に取り入れるメリットや各タイプの特徴、お部屋への取り入れ方について解説していきます。 お部屋に合う間接照明を見つけて、おしゃれな空間を演出してみてください。

間接照明を取り入れることのメリット

間接照明は、壁や天井、インテリアなどに光を反射させることで優しく柔らかい光をだせることが特徴ですが、お部屋に取り入れることでどんなメリットがあるかご存じでしょうか?
おしゃれな雰囲気をだせるのはもちろんですが以下のようなメリットがあります。
  • ・設置がかんたん
  • ・インテリアとしても優秀
  • ・陰影ができるので奥行を出すことができる
  • ・お部屋をおしゃれでリラックスできる空間を演出

・設置がかんたん

間接照明は設置するのがかんたんです。
スタンドタイプや置き型タイプのものであればスペースさえあればすぐに使うことが出来ます。

インテリアとしても優秀

間接照明はスタイリッシュなデザインなものが多く、光を照らすだけでなくインテリアとしてもお部屋のアクセントになってくれるでしょう。

陰影ができるので奥行を出すことができる

間接照明がつくりだす陰影は部屋に奥行を出すことができます。
このため狭い部屋でも広く見せることが可能です。

お部屋をおしゃれでリラックスできる空間を演出

壁や天井に反射した柔らかい光は、人の気持ちを穏やかにし、リラックス効果を生んでくれます。
また陰影のある光は高級感のあるおしゃれな雰囲気を演出するのに向いています。

おすすめの間接照明と使い方

おすすめの間接照明と使い方
お部屋で間接照明を使うときには、光源の位置と光の向きを意識することが大切です。 たとえ同じ光の強さであっても、 光の向きや照らす物体までの距離で雰囲気や印象は大きく変わってきます。

基本的に、光源の位置が高いほど開放的で明るい雰囲気になり、光源の位置が低いほど落ち着いたやわらかい雰囲気になるという特徴があります。
そのため、オフィスなどは活動的な雰囲気を出すために天井から明るく照らすタイプの灯りが向いています。 お家でもリビングなどに開放的な雰囲気を出したい場所はスタンドライトなどで高い位置に光源を置くのがよいでしょう。

対して寝室など落ち着いた雰囲気にしたい場合は、背の低いスタンドライトやテーブルライトを置くと効果的です。 またひとえに間接照明といってもそのタイプにはさまざまなものがあります。
空いているスペースに置くだけで使える「置き型タイプ」、ほかのインテリアの装飾に使われることが多い「ストリングライト」、昔から愛されている「キャンドル」など。 それぞれご紹介していきます。

おすすめの間接照明【置き型タイプ】

置き型タイプは、置くだけですぐに使えるため設置がかんたんでインテリアとしても優秀です。
ほかの照明と組み合わせて使うのも良いですし、メインひとつで光の表情を楽しむこともできます。 置き型タイプにも大きく分けて以下のような種類にわけられます。
  • ・スタンドライト
  • ・テーブルライト
  • ・スポットライト

スタンドライト

スタンドライトは、縦の長いスタンドに照明を付けたもので床に直接置いて使用します。 ライトが複数付いているタイプも多く、シェードで光源を包むものは、ぼんやりとした柔らかい光を出すのが特徴です。
部屋の隅やソファの横など、お部屋のどこに設置してもおしゃれな雰囲気を演出することができます。

テーブルライト

テーブルライトは、コンパクトなサイズなのものが多くテーブルやキャビネットなどの上に置いて、お部屋のワンポイントとして灯りを楽しむことができます。 より落ち着いた雰囲気にしたい場合は、床に置くのがおすすめです。

スポットライト

スポットライトは、広範囲ではなく一部分に光を当てたい場合におすすめです。 角度の調整が自由にできるのが特徴で、たとえばお気に入りのアンティークなど部屋の中で目立たせたいものがある場合は光を集めることでより際立たせることができます。

おすすめの間接照明【ストリングライト】

ストリングライトは、クリスマスのイルミネーションでよく使われるツタ上の電飾ライトのことをいいます。 クリスマスやパーティーのイメージが強いですが、現在ではさまざまなデザインものが展開されており、日常のインテリアとしても使うのもおすすめです。

小さなライトが無数に繋がっているストリングライトは、寝室や子供部屋に取り入れることで、幻想的で楽しい雰囲気を作り出すことができます。

たとえば天井に渡して吊るすように装飾すればまるで夜空にきらめく星のような演出ができるので子供部屋にはピッタリではないでしょうか。 そのほかにも、束ねたストリングライトを部屋の隅に置き間接照明と利用したり、ガラスの瓶につめてお気に入りの小物を照らしたりと、さまざまな活用方法があります。

クリスマスのイルミネーション用に購入したけれど普段は使わずしまってあるという方は是非試してみてください。 注意点としてストリングライトをインテリアとして利用する場合は、火事にならないためにも電球が熱くならないLED型のものを選ぶことが重要です。

おすすめの間接照明【キャンドル】

おすすめの間接照明【キャンドル】
古くから愛されてきたキャンドルも間接照明にはおすすめです。
キャンドルの炎が織りなすゆらゆらとした灯りは、人工的な照明とは異なり見ているだけで癒されるという人もいるのではないでしょうか。
日本ではキャンドル(=ろうそく)というと怪談話などでも使われるためおしゃれなイメージが湧きにくいと思いますが、北米をはじめとするヨーロッパの地方では古くからキャンドルは灯りのあるインテリアとして愛されてきました。

キャンドルの魅力といえばなんといってもゆらゆらと揺れる炎の灯りです。 実はキャンドルが織りなす炎の揺れは「1/fゆらぎ」と呼ばれリラックス効果があるとされています。 不規則に揺れるキャンドルの灯りをお部屋に取り入れることで、手軽にリラックスしてみるのもいいかもしれません。

キャンドルは、ナチュラルテイストのお部屋と相性が良いです。 また炎が織りなすオレンジ色は、自然を感じさせるナチュラルカラーのお部屋の雰囲気にマッチします。 手軽にキャンドルを楽しむなら、インテリアとしても活躍するようキャンドルスタンドやキャンドルカバーを使うのがおすすめです。

一緒に香りを楽しみたい方はアロマキャンドルを使ってみましょう。
最近では、実際の炎の揺れのような不規則な動きが再現されている「LEDキャンドル」も販売されており、火を使わずに本物さながらのキャンドルを体験できます。

お部屋の雰囲気を変えてくれる照明の色の種類

つぎに照明の色の種類について見ていきましょう。
ライトが放つ照明の色によってお部屋の雰囲気は全然違ってきます。 たとえば落ち着いた暖かみのある空間に仕上げたい場合は、青っぽい色よりオレンジがかった色の方が向いているでしょう。

照明の色の違いは色温度の単位である「ケルビン」の数値で表されるのが一般的です。 このケルビンは数値が高いと青白い光、低くなるにつれてオレンジがかった光となります。 さらにケルビンの数値によって大きく以下の5つに分けられます。
  • ・昼光色:6,200~6,700K
  • ・昼白色:5,000K
  • ・白色:4,200K
  • ・温白色:3,500K
  • ・電球色:2,800~3,000K
なお通常の太陽光は5,000~6,000K、雲のない場所の正午の太陽光は6,500K、朝日や夕日は2,000Kぐらいだといわれています。 色温度によって向いている場所やシーンがあるので、それぞれの特徴を理解したうえで適切なものを選んでいきましょう。

電球色

電球色はオレンジがかった温かい色合いが特徴です。 明るさが抑えられた落ち着きのある色合いは、目も疲れにくく、くつろいでリラックスしたい場所や間接照明として使うのが良いでしょう。

家族が集まるリビング、落ち着いた光を取り入れたい寝室、1日の疲れを癒すお風呂場、落ち着いて読書するための書斎などの場所が電球色を使うのに向いています。 廊下などのちょっとした部分に電球色を取り入れると家全体に温かみが生まれます。

また料理を美味しく見せる色とも言われているので食事をするダイニングにもおすすめです。 電球色おすすめの場所:リビング、寝室、書斎、廊下、トイレ、ダイニング

昼白色

昼白色とは、生き生きとした自然な色合いで、太陽の明るさにも最も近い色です。 自然で柔らかな色を発する昼白色は、基本的にどんな部屋にも取り入れることができます。 白昼色に当てると色合いがはっきりするので、化粧をする部屋や衣裳部屋に取り入れることでお出かけの際の失敗がなくなるでしょう。

そのほかに集中したい場所にも白昼色は向いています。 キッチンや子どもの勉強部屋などに利用してみるのもいいのではないでしょうか。 またお家で仕事をするリモートワークで集中できないという場合も、この色の照明を取り入れることで改善できるかもしれません。 白昼色おすすめの場所:キッチン、化粧部屋、衣裳部屋、勉強部屋、脱衣所、作業部屋

一人暮らしのお部屋におすすめの間接照明の選び方

一人暮らしのお部屋におすすめの間接照明の選び方
ここからは一人暮らしのお部屋におすすめの間接照明の選び方をご紹介していきます。
一人暮らしをしている方の中には「どんなタイプの照明を選べばいいのか分からない」「買う前にどんなことに気をつけておけばいいか知りたい」という方もいるのではないでしょうか。
特に一人暮らしのお部屋の場合はワンルームなど手狭であるパターンが多いので、新たに照明器具を置く場合はスペースなども考える必要があります。

またどんな風な演出をお部屋に施したいかによっても選ぶ照明器具は変わってくるでしょう。 購入した後に後悔しないよう、省スペースでも設置できるものや欲しい機能が付いているものを選ぶことが重要です。

邪魔にならないスタンドタイプとスポットタイプ

一人暮らしのお部屋の間接照明として使いやすいのは、省スペースでも置きやすく邪魔になりにくい「スタンドタイプ」と「スポットタイプ」の照明器具です。
どちらのタイプも取り付けに特別な手間は必要なく、設置するだけですぐに使うことができます。 スタンドタイプのライトは、縦に長くスタイリッシュなデザインでインテリア性が高いアイテムが多いです。

頭にライトがひとつ付いているタイプや、複数のライトが付いたタイプのもの、上向きのライトで天井に光を反射させるタイプなどその種類はさまざまです。 角度を変えられるタイプなら、好きな方向に光を当てられるので、壁や天井を照らすことで演出面の幅が広がります。

スポットタイプは、一部分に集中的に光を当てることができる照明器具です。 床や家具の上に置いて、上方向や横方向を照らすことで間接照明を演出することができます。
照らす場所や距離によってさまざまな光の演出をお部屋で楽しむこともスポットタイプの醍醐味です。

そのほかにも、趣味のものを集めた自慢のスペースや、壁に貼ったポスターなどをピンポイントで照らすことで、際立たせて見せることができます。

自分のニーズに合った機能がついているか

照明器具を選ぶときは自分のニーズに合った機能がついているかをしっかり確認しておきましょう。 デザインを気に入って購入したけれど、欲しい機能がなかったということにもなり兼ねません。 間接照明の場合はライトの向く方向や、照明の色(色温度:ケルビン)、光の強さ(光量:ルーメン)などは確実に確認しておきたいところです。

ライトの向く方向

お部屋をどのような雰囲気にしたいかによって決めていくのがよいでしょう。
たとえば壁に向かって光を当てると、水平方向へ光が広がるため落ち着いた雰囲気のお部屋になります。 対して、天井方向に光を当てると上方への広がりの効果により天井が高く見えるようになります。

照明の色(色温度:ケルビン)

照明の色はお部屋の印象を大きく左右する大事な要素になります。 落ち着いた暖かみのある空間に仕上げたい場合は、青っぽい色よりオレンジがかった色の方が向いているでしょう。

光の強さ(光量:ルーメン)

間接照明は光が強すぎると雰囲気が出ない場合があります。 ワンルームの場合は、400~200lmくらいの少し弱い光にした方が、雰囲気が出やすいでしょう。 そのほかにも以下のような機能を確認しておくとよいでしょう。
  • ・コストの良い白熱電球or長持ちするLED電球
  • ・線のあるコードorコードレスタイプ
  • ・リモコン操作の可能の有無
  • ・ライトの色や明るさを変えられるか
  • ・複数ライトの場合ひとつずつ操作できるか
ご自身のニーズに合った照明を選んでいくことが重要です。

まとめ

部屋をおしゃれに演出してくれる間接照明について解説してきました。
間接照明は設置がかんたんで、デザイン性も高いものが多くインテリアとしても活用できます。 そのタイプには、テーブルライトなどの置き型タイプや、クリスマスイルミネーションでもお馴染みのストリングライト、リラックス効果抜群のキャンドルなどがあります。

お部屋のどこに取り入れたいか、お部屋をどんな風に演出したいかで選んでいくのが理想的です。
また照明の色によって雰囲気がガラッと変わることも覚えておきましょう。

お部屋をおしゃれに見せたい時やリラックスできる空間を目指すならオレンジがかった電球色が向いています。
お部屋のスペースや欲しい機能などをしっかり確認してお気に入りの照明を是非見つけてみてください。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【トレンド発掘隊】注目のトレンドインテリア北欧と日本の和室をミックス!ジャパンディ(Japandi)

  2. 極上のボリューム感が人気のカーペット

    人気のボリュームカーペットに新色が登場!ホワイトインテリアにもおすすめ

  3. シンプルな暮らしをしてみたい!シンプルなお部屋の作り方と特徴を徹底解説!

  4. 丸い家具や雑貨が人気!おすすめ品もご紹介!

  5. 20代・30代女性に人気!家具・インテリア・雑貨がそろうブランド

  6. 禅定とは?禅定のやり方と智慧との関係について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. Yahoo!ショッピング定期セールとは?購買率を上げるクーポン活用法

    Yahoo!ショッピング定期セールとは?購買率を上げるクーポン活用法

  2. Yahoo!ショッピングで売上を上げるために必ず行うべきポイント

    Yahoo!ショッピングで売上を上げるために必ず行うべきポイント

  3. Yahoo!ショッピングでストア開設!売れるポイントをご紹介

    Yahoo!ショッピングでストア開設!売れるポイントをご紹介

  4. 売上アップにつなげる競合ストアの調査方法と対策ポイント

    売上アップにつなげる競合ストアの調査方法と対策ポイント

  5. 無料の集客ツール「メルマガ」とは?配信ポイントを紹介

    無料の集客ツール「メルマガ」とは?配信ポイントを紹介