【日本が誇る伝統工芸】和傘の歴史・種類や作り方について徹底解説

和傘とは

和傘とは
和傘は海外から伝来した「唐傘」と同意で、いつ頃日本に伝わったのかははっきりしていませんが、製紙技術の向上や竹細工の技術を取り入れた平安時代から散見され始め、現代も生産されています。また現在主流になっている洋傘とは開閉するための構造こそ同じものの、使われている材質が異なり、それによって使い方や管理方法にも違いがあります。洋傘の傘布が主に、木綿、絹、ナイロン、ポリエステルなどが使用されるのに対し、和傘は主に竹を原料として軸と骨が作られ、傘布には柿渋や亜麻仁油などで防水加工した油紙が使われます。

和傘の歴史

和傘の歴史
古代中国で発明された開閉できない構造の傘は、雨をしのぐというよりも、貴人の魔除け目的で使われました。日本には4世紀ごろに伝来し、初めは中国と同じように魔除けや権力の象徴として使われましたが、その後製紙技術や竹細工の技術の発展に伴って改良されていきました。現在のように雨をしのぐために使われ始めたのは油紙を使用し始めた安土桃山時代頃とされています。 江戸時代に入ると分業制の発達と共に広く普及しはじめ、歌舞伎の小道具として使われたり、傘に屋号をデザインしたものを客に貸与することで宣伝として使われたりと、雨具だけではない使われ方がされるようになります。しかし明治になると徐々に洋傘に押されていき、現在では雨具としての利用はほぼなくなっています。

和傘の種類

和傘の種類
和傘には番傘、蛇の目傘、日傘、舞傘などの種類があり、次にその特徴についてご紹介します。

番傘

江戸時代に誕生したTHE 和傘といった感じの和傘です。もともと商家が屋号「〇〇の十三番」を入れて使用したことから番傘と呼ばれるようになったようです。

番傘の特徴

番傘の特徴にはシンプルな構造と、無骨な重厚感が挙げられます。持ち手は太い竹を使用し、傘布に使われる油紙は厚く、基本的に無地。洋傘と比べると大ぶりでそのため重量もあります。現在は京都などの着物レンタル時に合わせて貸し出されたり、角界で力士に使われたりしています。(幕下以上にのみ使用が許可される)

蛇の目傘

歌舞伎役者が舞台で使用することでおなじみの蛇の目傘。傘布に描かれた丸模様が蛇の目に見えることからこの呼び名が使われるようになりました。17世紀の後期に番傘を改良して作られ、江戸時代に歌舞伎の小道具として使われたことをきっかけに流行したようです。番傘に比べオシャレ感があり細身の骨を使用しているため、女性でも使いやすい傘です。海外のお土産としてもお馴染みです。

蛇の目傘の特徴

蛇の目傘の特徴は、骨組みの細さと装飾的な趣向です。江戸時代には軽量化されたことにより、腰に差して使っていたとか。装飾的な特徴としては、持ち手に巻かれる藤、ろくろ部分に取り付けられる飾り糸、持ち手の先端に取り付けられた石突などがあり、使われる和紙の色、蛇の目模様も様々にあり、番傘と比べるとスタイリッシュな印象です。それ故にインテリアとしても楽しまれています。

日傘

日傘は傘布に油による防水加工を施していないため雨傘とは使えませんが、和紙独特の風合いや、程よく光を遮り、透過する見た目が非常に美しく、夏場に活躍する和傘です。また油による加工が施されていないため、軽量で長時間持っていても疲れにくい特徴があります。

日傘の特徴

一般的に白い雲龍紙を使用したものが定番で、他にも一本ずつ表情の異なる手絞りの和紙を使ったものや、華やかな型染和紙を使ったもの、骨に黒塗りの竹を使ったシックなものなど非常に多種多様です。日傘にろくろ部分に飾り糸がつけられています。

舞傘

名前のとおり主に舞台で使用される和傘で、和紙のもののほか、絹を使った高価なものもあります。絹製のものは透明感があり、程よい透け感があるため、踊り手が舞いながら観客の様子をうかがえるように作られたことが始まりのようです。日本舞踊はもちろん、歌舞伎や、民踊、郡舞などにも使われています。

舞傘の特徴

デザインは基本的に舞の邪魔にならないよう無地のものが多いですが、『助六』と呼ばれる紫地に白い輪状に色抜きしたものや、ぼかしの入ったもの、渦巻き文様のものなどもあります。絹製の方が紙張りのものよりも軽く踊りやすく作られています。舞傘も防水加工がされていませんが、日傘のように使うことも可能です。

和傘 作り方

和傘 作り方
和傘作りの工程は種類によって異なりますが、大きく分けて30以上、細かく見ると70を超えるとも、100を超えるとも言われています。今回は大まかな流れをご紹介します。
  • 1.骨となる竹を削る「骨けずり」
  • 2.骨熱して傘の湾曲に曲げる
  • 3.骨を柄のろくろに取り付ける「つなぎ」
  • 4.傘布(和紙、絹など)の貼り付け
  • 5.和紙に油引き
  • 6.完成
一本の傘を作り上げるためにかなりの手間がかかることがわかりますね。今は職人さんが一人で作り上げることも多いようですが、和傘の最盛期であった江戸時代には分業化され、失業した武士が副職として作られていたこともあったようです。

和傘の魅力

和傘の魅力
利便性を取り上げるのならば、骨に金属を使わないため洋傘に比べ軽いことが挙げられます。また手仕事ならではのあたたかさを感じられることも大きな魅力ではないでしょうか。そして意外に知られていないポイントが和紙が雨を弾く音です。洋傘が圧倒的に普及しているなか、あえて風情や情緒といった人と違った自分らしさを見つけたいといった方にはオススメです。

和傘の正しい使い方

和傘の正しい使い方
和傘の取り扱いは洋傘と大きく異なるため注意が必要になります。開閉し使用する点は同じですが、特に使用前後の持ち方や管理方法などをご紹介します。

・和傘の持ち方

和傘を持ち歩く際は基本的に柄の部分ではなく、反対の頭の付近を持って歩きます。頭にとって紐がついている場合はそこを持ちます。使用後に持つと手が濡れてしまいますが、洋傘のように柄持つと、防水加工がされていない内部に水が入ってしまうので要注意です。またここを持つことで留め具のついていない和傘の広がりを抑えることもできます。

・管理など 

雨天時の使用後は日陰などの風通しが良い場所で、十分に水を切り、全開、半開きなどにして干します。不用意に布などで表面を拭くと和紙を炒める原因になることがあるため控えましょう。また油紙を使用する番傘・蛇の目傘は経年による油の硬化作用によって和紙が痛み剥離することがあります。この場合購入店などで修理を依頼することもできますが、概ね修理よりも購入した方が安価に済む場合が多いようです。 不用意に開けてしまった穴などは和紙などを継ぐことで塞げるようです。

まとめ

以上が和傘に関してのご紹介になります。今回ご紹介したもの以外にも、野点を行う際に使われる野点傘や、寺社の儀式や茶会などに使われる端折傘(つまおりがさ)などの和傘もあり、このように見てみると和傘ならではの雅は、洋傘では代用できないものであると感じます。 生産量こそ少なくなった昨今ではありますが、近年では和傘特有の美しさや機能性が見直されており、和傘づくりに挑戦する若手の職人も増加傾向にあるようです。また普段使う雨傘としては洋傘を使い、ハレの日や和装の日などに限定して使えるものを取り揃えたり、インテリアとして持っておくのにも良さそうですね。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. 夏から秋へ。気分を変えて楽しむ模様替え!

  2. ペットと暮らす!ペットのいる暮らしを快適にするためのインテリア選びのポイント3選

    ペットと暮らす!ペットのいる暮らしを快適にするためのインテリア選びのポイント3選

  3. 和室に洗濯物を干すときの注意点について徹底解説

  4. 【トレンド発掘隊】おうちやベランダでも使えるアウトドア商品とおしゃれな使い方!

  5. 和室をおしゃれにする方法は?インテリアを工夫してモダンな和室を作る4つのコツ

    和室をおしゃれにする方法は?インテリアを工夫してモダンな和室を作る4つのコツ

  6. 和室の座布団のサイズや種類について解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。