和室に洗濯物を干すときの注意点について徹底解説

和室に洗濯物を干すときの注意点について徹底解説!

和室に洗濯物を干すときの注意点について徹底解説!
生活に役立つお役立ち情報を紹介します。今回は、「和室に洗濯物を干すときの注意点」についてご紹介致します。 快適な日常生活を営むうえで、洗濯は切っても切れない行為であると言えるでしょう。多くの方が毎日日常的に行っている洗濯ですが、みなさんはどこに洗濯ものを干しているでしょうか。 ほとんどの方はベランダなどの屋外に洗濯ものを干す方が多いでしょうが、梅雨時分などは雨が降っていたりなどでベランダなどに干すことができなくて困ってしまうと言う方も多いのでしないでしょうか。そうなると、必然的に室内で洗濯物を干すことになるのですが、洗濯物を干す場所として和室が適切であることをご存知でしょうか。 本記事では、和室に洗濯物を干すときの注意点について詳しくご説明したいと思います。

和室に洗濯物を干すメリット

和室に洗濯物を干すメリット
和室は、い草を使用した畳で構成されています。 部屋干しをするにあたって、なぜ和室が良いのかと言うと畳に付与されている付加価値などが部屋干しするときにさまざまな良い効果を与えることに期待できるからです。 ここからは、和室に洗濯物を干すメリットについて詳しくご説明したいと思います。

干す前の洗濯物が置きやすい

洗濯物は、少量であれば一気に干すことができますが大量にあるとどこかに仮置きをしなければなりません。せっかく洗濯をしてキレイにした衣服などが、干す前に汚れてしまっては何の意味もなくなってしまいます。 そのような観点からも、和室は部屋干しに最適と言える理由があるのです。 そもそも和室の畳とは、汚れにくいことが挙げられます。カーペットなどでは毛足の長いものであると掃除機だけでは完全に埃などを吸い出しきれていない部分があったり、ダニなども発生しやすい環境となりやすい傾向にあります。しかし、畳であれば掃除に伴うメンテナンスがしやすいことから清潔に保つことができるため汚れにくい環境を保つことができるのです。 それだけでなく、日本では古くからい草は薬草とされてきた風習があります。い草は、人間の足の裏からの臭いの元凶となる微生物群などの繁殖を抑制する効果が期待できるのです。そのため、床やカーペットなどにはない抗菌作用が期待できます。 これらのことから、清潔に保ちやすい環境である畳の上に干す前の洗濯物を置きやすいと言うメリットがあるため、部屋干しに和室は最適であると言えるでしょう。

い草の消臭効果で部屋干し臭を軽減

ベランダなどから外干しするときには感じることはありませんが、ひとたび部屋干しをすると嫌な臭いが部屋中に充満してしまったと言う経験をされたことがある方がほとんどではないでしょうか。これは、洗濯物に残留している汚れおよび雑菌が原因となっているのです。日常生活の中で、衣類などにはたくさんの汚れが付いてしまっており洗濯物が乾燥するまでに長時間を要すると、時間が経過するにつれて汚れを原因として雑菌が増殖してしまうため、嫌な部屋干し臭が発生しやすい環境となるのです。 なお、外干しの際には洗濯物が日光によって消毒されることにより雑菌が死滅させることができるため、臭いが発生することはないのです。日航による消毒が期待できない室内だからこそ、部屋干し臭が発生してしまうとご認識いただきたいと思います。 この部屋干し臭は、洗濯をし直したからと言って除去できるものではありません。増殖を許してしまった雑菌は繁殖するごとにバリア状に積層されてしまいより一層強力になってしまう特徴があります。

和室に洗濯物を干すときの注意点

和室に洗濯物を干すときの注意点
部屋干し場所として和室を使用することは、干す前の洗濯物を置きやすかったり消臭効果が期待できることから、たくさんのメリットがあると言えます。 しかし、和室に洗濯物を干すからこそ注意しなければならない点もあるのです。
ここからは、和室に洗濯物を干すときの注意点について詳しくご説明したいと思います。

和室にカビが発生しなように注意

和室に部屋干しをすると、濡れている洗濯物を干すことになりますので必然的に湿度が上がります。湿度が上がることによって、カビが発生しやすい環境となってしまいますので、注意しなければなりません。 カビとは、湿度が75%を超えると発生すると言われています。そのことから、部屋干しすることによってにカビが発生しやすい環境を構築してしまうのです。 具体的な事例を挙げると、約5kgの洗濯物を干すと約3リットルもの水蒸気が発生すると言われています。大家族になればなるほど洗濯物の量は多くなってしまいますので、より一層カビが発生しやすい環境となってしまいますので注意が必要です。

カビ対策

上述したように、和室に部屋干しすることによってカビが発生しやすい環境となってしまいます。そのことから、カビに対する対策を講じる必要があるのです。 ここからし、具体的なカビ対策についてご紹介したいと思います。

大量に干さない

約5kgの洗濯物を干すと約3リットルもの水蒸気が発生します。そのことから、洗濯物を干す量が多くなればなるほど湿度は上がってしまいます。 そのため、カビ対策の観点からは普段よりも少ない量で洗濯物をするように心がけてください。大量に洗濯物を干さないことによって、湿度の上昇率を抑えることができます。

干した洗濯物が畳に付かないようにする

畳はい草で構成されていることから、水分を吸収しやすい素材であると言えます。 そのため、洗濯物から発生する水蒸気を吸い込みやすい性質があるのです。洗濯物が畳についてしまうと、湿気をダイレクトに畳が吸い込んでしまいますので、カビが発生する温床となってしまいます。丈の長いスカートやズボンなどを部屋干しするときは特に注意して、干した洗濯物が畳につかないように注意して下さい。

除湿器をかける

部屋干しすることによって湿度が上がってしまいますので、除湿器を使用して湿気を取り除いてあげることが効果的であると言えるでしょう。 洗濯物を部屋干ししていたとしても、湿気対策が講じられているのであればカビが発生することはありません。 そのため、除湿器によって湿気を除去することはカビ対策として期待できるでしょう。

天気の良い日には和室を換気する

和室での部屋干し頻度が高くなればなるほど、室内の湿度は上昇してしまいます。そのため、天気が良くて窓などを開けて風を通せる日には、きちんと換気するようにしましょう。 換気することによって適切に湿気を取り除くことができますので、カビが発生しやすい環境を改善することができます。

まとめ

ここまで、和室に洗濯物を干すときの注意点について説明させて頂きました。 和室に敷設されている畳にはい草が使用されていますので、その高い消臭効果を有効活用して部屋干しの嫌な臭いについて対策することができます。また、抗菌作用も付与されていることから、清潔な環境で洗濯物を部屋干しすることができるでしょう。清潔な環境を維持するためには、洗濯物から発生する湿度によってカビが発生しないよう注意することで快適な部屋干し環境を構築することができますので、おすすめの部屋干し場所となっています。是非ともご活用頂くことをおすすめします。 今後、和室に洗濯物を干すことをご検討される方にとって本記事が少しでも一助となったのであれば幸いです。
The following two tabs change content below.

編集者 A

IKEHIKO CLIP メディアチーム

関連サイト一覧

  • コメント: 0

関連記事

  1. 一人暮らしを始める方へ!一人暮らしの豆知識とお部屋づくりのコツまとめ

  2. 【トレンド発掘隊】注目のトレンドインテリア北欧と日本の和室をミックス!ジャパンディ(Japandi)

  3. 夏に向けて模様替え!夏を涼しく過ごすおすすめラグご紹介

  4. 【畳のジョイントマット人気ランキング1位】ランクインした置き畳のおすすめポイントをご紹介!

  5. 丸い家具や雑貨が人気!おすすめ品もご紹介!

  6. 自然と共存する暮らし、バイオフィリックデザインとは

    自然と共存する暮らし、バイオフィリックデザインとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. Shopifyのストアの解約方法!

    Shopifyのストアの解約方法!解約の手順を分かりやすくご紹介!

  2. 越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

    越境EC(海外販売)を始めるときに役立つアプリやサービスまとめ

  3. 越境ECを始めるならShopify(ショッピファイ)がおすすめ!

    越境ECを始めるなら海外販売に強いShopify(ショッピファイ)がおすす…

  4. Shopifyのショップドメインについて徹底解説!

    Shopifyのショップドメインについて解説!独自ドメインへの変更方法…

  5. 決済サービス「Shopify payment」

    決済サービス「Shopify payment」とは?手数料や導入方法を解説